春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
介護教室 〜高齢者の不眠に対する睡眠の介護

2017.04.30(日)

高齢者に多い不眠
日々の生活は、覚醒と睡眠、活動と休息が対になり、一定のバランスを持って繰り返されることにより成り立っています。
特に質の高い適当な睡眠は、人間の心身の健康、そして生命の維持に欠かせないものです。
睡眠のリズムには個人差がありますが、一般的に高齢者は夜早く眠るものの、睡眠が浅く、夜間や早期に覚醒したり、昼間の居眠りが多くなります

kaigo_oya.png
また入眠するまでの時間を長くなり、寝つきが悪くなる傾向があります。
不眠を訴えることも多くなるため、まず不眠の原因を探り、その原因を取り除いていくことが、睡眠介護の基本です。

 

睡眠の介護
安眠のための具体的な方法としては以下の方法があります。
1.日中の活動を多くする
夜間の安眠のためには日中に十分に身体を動かし、規則的なリズムのある生活パターンを確立することが大切です。
特に高齢者は、日中の活動時間が少なく、つい居眠りをするなどして、夜に不眠になるという悪循環に陥りがちです。

roujinsya_couple.png
たとえ寝たきりや心身の障害によって活動が制約されている場合でも、日中にはできる限りの離床をすすめるようにします。

 

2.就寝前の安眠対策
〇入浴・足浴・半身浴
入浴には1日の疲れをとり、気分を爽快にする効果があります。また適度な疲労感を与え、睡眠に入りやすくする効果もあり、寝つきを良くします。

kaigo_ofuro.png
入浴ができない場合は、半身浴によって芦屋下半身を温めるだけでも入浴に近い効果が得られます。

 

〇水分摂取量の調節
頻繁な尿意によって夜間の覚醒が多い人の場合は、夕方からの水分補給を少し少なめに摂取するなど工夫をしましょう。
このような場合は、昼間のうちに1日に必要な水分量を確保することが必要になってきます。

〇カフェインを含む嗜好飲料は、就寝前は避ける
コーヒー・紅茶・緑茶などカフェインを含む嗜好飲料は、神経を興奮させます。

またアルコール飲料等刺激物も避けましょう。

kinshi_beer.png

 

〇室温を適度にし調節し、騒音は排除する

 


健康チェックしてます@あきんど祭り

2017.04.24(月)

須賀川市では毎月第4土曜日、街の中心部にて「元気だ!すかがわ!あきんど祭り」を開催しています。

CIMG4500_resize.png

▲イベント会場の様子

あきんど祭りは商工会議所が中心となり、主に馬町や松明通りの商店がその日限りのサービス(割引サービスやプレゼントサービス)を展開、また購入レシートで最後に素敵なプレゼントがもらえる、須賀川市民には大人気のイベントです。

CIMG4501_resize.png

CIMG4497_resize.png

▲会場では太鼓やギター演奏など様々なイベントが。

南東北春日リハビリテーション病院は、毎月血圧測定や骨密度測定などを無料で行う健康チェックのブースを設け、ご来場のお客様に喜ばれています。

CIMG4492_resize.png

CIMG4495_resize.png

毎月必ず健康チェックにいらっしゃってる方もおり、私たちスタッフも、なじみの方との会話が楽しいひと時です。

CIMG4496_resize.png

来月のすかがわあきんど祭りは、平成29年5月27日(土)10時〜、須賀川松明通り、馬町商店街を中心に開催予定です。

お買い物とあわせて、ぜひ健康チェックのブースにもお立ちよりください。


ヨーガセラピーが開催されました

2017.04.20(木)

南東北春日リハビリテーション病院では、月2回、畑寿子先生によるヨーガセラピーを開催しています。

4月第2回も、沢山の方が来院されました。

CIMG4487_resize.png

ヨーガセラピー講師の畑寿子先生。

日本ヨーガ療法学会会員、学会認定ヨーガ療法士です。

CIMG4486_resize.png

椅子に座りながらできるので、足元にご不安のある方でも安心して参加いただけます。

CIMG4491_resize.png

 ヨーガセラピーは目をつむりながらゆっくりと動きます。

目をつむるのは、自分の速さで、自分のペースで動くことを大切にするため。

ゆっくりした動作なのは自分の呼吸や血の流れを感じながら身体を動かして欲しいためです。

CIMG4490_resize.png

 来月5月のヨーガセラピーは以下の日程で行われます。

〇平成29年5月10日(水) 15:00〜16:00

〇平成29年5月24日(水) 15:00〜16:00

ご予約や参加料なども一切不要ですので、ぜひお気軽にお立ちよりください。

 


地元紙・あぶくま時報に医療情報掲載中!

2017.04.20(木)

須賀川の地元紙であるあぶくま時報にて、医療情報の連載を1年近く続けています。

腰痛の解消法や便秘になりにくい身体づくりについてなど身近なテーマを多数取り上げていて、今回のテーマは杖について。

体重による負荷を手に分散させて歩行を助ける杖は、その用途や場所によってさまざまな種類があり、自分に最適な杖を選ぶ必要があります。

毎週水曜日の内側の紙面で連載中です。

ぜひお手に取ってご覧ください。

SKMBT_C454e17042009120_0001.jpg


運動不足による肩こりの解消★メディカルフィットネスブログ

2017.04.19(水)

メディカルフィットネスさくらのホームページでは、新たに独自のブログを書いており、身近な健康に役立つ医療情報を掲載しています。

今回のテーマは、運動不足による肩こりについてです

3回のテーマに分けて、肩こりになりやすい方の特徴や、その解消法を具体的に紹介しています。

ぜひご覧ください!

http://www.m-f-sakura.com/index.php


住宅改修費支給制度について

2017.04.18(火)

ご自宅で生活されている要介護、要支援認定を受けている方が、トイレや浴室、玄関などに手すりの取り付けなどをご希望の際は、心身状態や住宅環境から各市町村に改修が必要と認められた場合に限り居宅介護住宅改修費(介護予防住宅改修費)の支給を受けることができます。

bg_house_living.jpg

改修にあたっては、施工前にあらかじめ支給申請書を各市町村の長寿福祉課等の窓口に提出し、許可をいただいた後、工事後の領収書などの書類の提出が必要となってきます。

また、支給対象となる工事の内容には制限があるので確認が必要です。

 

支給額について
支給額は上限が定めれらており同一住宅に対し20万円を限度として自己負担1割で工事を行うことができます。
なお転居した場合には改めて上限に達するまでの住宅改修費の支給を受けることができます。

 

要介護状態が著しく重くなった場合
最初の住宅改修後、認定されている介護度が3段階以上重くなった場合は、例外的に1回のみ支給限度基準額20万円分の住宅改修費支給が受けられます。

 

支給対象となる改修の種類
1)手すりの取り付け
2)床段差の解消
3)滑りの防止、移動の円滑化のための床または通路面の変更
4)洋式便器などへの便器の取り換え
5)引き戸などへの扉の変更
6)その他1〜5の工事に付随して必要な工事

room_toilet.png

 

事前申請に必要な書類
・介護保険居宅介護(支援)住宅改修費支給申請書
・住宅改修が必要な理由書
・工事費見積書
・住宅改修の予定の状態が確認できる書類
(改修前及び改修後予定の簡単な図や写真)
※「住宅改修が必要な理由書」は基本的に介護支援専門員が作成しますので事前にご相談ください。

 

事後の申請に必要な書類
・住宅改修に要した費用に係る領収書
・工事費内訳書
・完成後の状態を確認できる書類(改修前、改修後の日付入り写真を添付)
・住宅の所有者の承諾書

 

詳しくは各市町村長寿福祉課等の窓口、地域包括支援センター又はケアマネージャーにお問合せください。


イクボスを宣言しました! 〜より働きやすい職場を目指して〜

2017.04.18(火)

南東北春日リハビリテーション病院ではこのたび、職員のワーク・ライフ・バランス(仕事と私生活の両立)をさらに推進するため、イクボス宣言を行いました!

family_happy.png

イクボス宣言とは?

職場でともに働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司として、上司自らが宣言することです。

 

育児に積極的な男性『イクメン』の造語を作り上げた、ファザーリングジャパンが企画・運営しています。

イクボス宣言のホームページはこちら↓
http://ikuboss.com/category/statement

 

father_burasagari.png

 

これまでに全日空や日本生命などの大企業の他、福島県では41社が参加、須賀川市では市長自らが宣言し、職員の有給休暇や育児・介護休暇の取得を積極的に呼びかけています。

icon_business_woman01_kakou.png

当院でも、男女共同参画の更なる推進、子育てしやすい職場づくりを目指し、「育児・介護のための休暇や休業等を取得しやすい環境の整備」や「職員の積極的な育児参加」、「超過勤務の縮減」などの取組を今後も進めていきます。

SKMBT_C454e17041810320_0001_resize2.png

春日のこれまでの両立支援の取り組みについては、以下のページをご覧ください。

http://www.kasuga-rehabili.com/sansei.html


桜が咲きました

2017.04.18(火)

南東北春日リハビリテーション病院敷地内にある桜が満開になりました!

CIMG4473_resize.png

CIMG4474_resize.png

CIMG4476_resize.png

病院に隣接する稲荷神社の桜も満開でした。

CIMG4479_resize.png

CIMG4481_resize.png

CIMG4483_resize.png

須賀川市内の桜の名所である釈迦堂川や、翠ヶ丘公園の桜も今満開だそうです。


腰痛の原因と対処法

2017.04.17(月)

腰痛の経験がある人は多いのではないでしょうか?
腰痛の原因は様々ですから原因をきちんと見極めて、適切な対策をとることが大切です。
今回は腰痛を改善するための対策をご紹介します。

youtsu_nouka.png

痛みの原因について
「急に痛みが起こる場合」

主に腰椎の骨折や感染症、人体の損傷などが原因です。

<症状が腰に限られている場合>
〇骨粗しょう症
骨の量が少なくなり、骨がもろくなってしまう病気です。
閉経後の女性やお年寄りによくみられます。

〇脊椎腫瘍
脊椎に腫瘍ができる病気です。
特に多いのが「がん」で、ほかの部位のがんが転移しておこります。

〇椎間板症
椎間板に亀裂が入る、椎間板がつぶれることで起こります。

〇ぎっくり腰
思い荷物を持つ、腰を捻ったときに起こる急性の腰痛の俗称です。

<症状が脚にも起こっている場合>
〇椎間板ヘルニア
椎間板の中心部にある「髄核」が飛び出して、神経を刺激する病気です。

 

youtsu_man.png

 

「痛みが長期間続いている場合」
腰椎の変形や精神的なストレスなどが原因です。
痛みがじわじわと慢性的に続く場合は次のような病気が考えられます。

<症状が腰に限られる場合>
〇変形性脊椎症
加齢などによって腰椎の変形が進むと、椎骨に棘(とげ)のようなもの(骨棘)ができます。
この骨棘が神経を刺激することで痛みや痺れが生じるようになります。

〇心因性腰痛
精神的なストレスが原因となり、腰に痛みを感じることがあります。

<症状が脚にも起こっている場合>
〇脊柱管狭窄症
椎骨の変形などによって脊柱管が狭くなり、馬尾や神経根が刺激されるので、脚にも痛みや痺れなどの症状が現れます。

長期間痛みが続く場合は、腰以外の場所に大きな病気が潜んでいることも考えられます。
早めに医療機関で調べてもらいましょう。

 

    

<相談を受け付けています>

〇この症状なら何科を受診するの?

〇受診すべきかどうか分からない・・・

など、病気や施設利用などのご不明な点等あれば、

春日のなんでも相談室へご連絡ください。

メール、電話で受付中です。

こちら⇒ 春日なんでも相談室


受診をご検討なら、南東北春日リハビリテーション病院まで!

外来診察担当医表はこちら



出前講座「認知症予防とコグニサイズ」

2017.04.17(月)

古殿町公民館にて、「認知症予防とコグニサイズ」をテーマとした出前講座が行われました。

DSCF8041_resize.png

講師は南東北春日リハビリテーション病院 理学療法士 岸浪麻美です。

皆さんは、介護が必要となる主な原因はご存知でしょうか?

最も多いのが脳血管疾患、次いで多いのが認知症です。

DSCF8043_resize.png

身体が上手に動かせなくなったり、記憶障害など引き起こす怖い認知症を予防するのに今注目されているのが、コグニサイズ

コグニサイズとは運動と認知課題(計算など)を組み合わせた体操のことで、通常の体操よりも、より考える力を使う運動となっています。

DSCF8048_resize.png

それでは、コグニサイズに挑戦!

DSCF8046_resize.png

DSCF8049_resize.png

椅子に座りながらできるので、受講者の皆様も、楽しく安心して取り組むことができたようでした。

「なかなか難しいけれど、とても楽しかった」

「頭も身体も使うとてもいい機会になった」

と楽しんでいらっしゃいました。

 

南東北春日リハビリテーション病院では、地域の公民館や企業へ訪問し、健康教室を行う出前講座を積極的に行っています。

出前講座のお問い合わせ・お申し込みはぜひこちらまでお電話ください。

0248-63-7299(受付担当:合田)

今後も地域の健康に貢献していきます。

 


献血バスが来ました

2017.04.14(金)

4月13日(木)、献血バスによる献血が行われました。

DSCN4530_resize.png

今回は当院スタッフを含めた15名が参加しました。

DSCN4526_resize.png

血液は長期保存が難しく人工的に作れないため、常に不足状態にあるそうです。

DSCN4533_resize.png

DSCN4537_resize.png

記念品はスノーマンのかわいいバッグでした。

またのご協力をよろしくお願いします。

 

 


健康教室「糖尿病の食事療法と治療」

2017.04.14(金)

内科の樋口医師が講師を務める健康教室が行われました。

CIMG4470_resize.png

今回のテーマは「糖尿病の食事療法と治療」について。

樋口医師のもとにも沢山の糖尿病患者様がいらっしゃるそうですが、日本糖尿病学会がすすめるカロリー制限に基づく食事療法は行わず、もっと効果の高い「糖質制限」に基づく食事療法を行っています。

糖質制限」とは、ごはんやパン、麺などの炭水化物食品を減らし、その代わりタンパク質(特にお肉)の摂取量を増やしていく食事療法です。

特に難しい管理方法はなく、食品ひとつひとつのカロリーを気にしなければならないカロリー制限よりは、患者さんが苦痛なく続けられるといいます。

CIMG4472_resize.png

樋口先生が進める食事療法はこの三つだけ!

■果物は午前10時まで

■炭水化物食品は午後3時まで

■お肉を毎日80g以上食べて、毎日6〜7000歩歩く!

この3つを守るだけで、個人差はありますが、数値は劇的に改善することが多いそうです。

樋口先生の内科の診療は、毎週木曜日の午後1:30〜4:30で受け付けています。

なかなか検査結果の数値がよくならないなどありましたら、ぜひご相談ください。


平成29年度 南東北グループ新人歓迎会

2017.04.12(水)

4月10日、南東北グループ観桜会・新人職員歓迎会が開かれました。

会場となったホテルハマツには、1500人を超える南東北グループ職員が集まり、今年も盛大な歓迎会となりました。

DSCN4388_resize.png

観桜会とあって、会場は桜の花でいっぱいです。

DSCN4391_resize.png

南東北グループ 渡邉一夫理事長より挨拶。

DSCN4402_resize.png

新人職員の宣誓も行われました。

DSCN4410_resize.png

DSCN4413_resize.png

 

続いて参議院議員の増子輝彦様よりご挨拶。

DSCN4426_resize.png

郡山市長 品川萬里様代理、副市長 菅野利和様よりご挨拶。

DSCN4433_resize.png

福島市長 小林香様よりご挨拶。

DSCN4440_resize.png

カリフォルニア大学 サンフランシスコ医学部教授 病理解剖学部、放射線治療学部及び泌尿器科学部教授 Jeff Simko MD Ph.Dよりご挨拶。

DSCN4465_resize.png

 歓談をはさんだ後は、NABE塾第十期生の修了証書授与が行われました。

DSCN4493_resize.png

 余興では総合南東北病院 心臓・循環器センターの菅野センター長がサックスの演奏を披露!

DSCN4516_resize.png

DSCN4521_resize.png
演奏終了後には会場からアンコールの声があがる場面もありました。

今年の新人歓迎会も盛況に終わり、ますます発展拡大する南東北グループの勢いを感じる機会となりました。

 

 

 


介護教室 〜褥瘡介護編

2017.04.12(水)

褥瘡の介護の方針
褥瘡は、身体の一部に強く圧迫がかかり、皮膚や皮下組織が圧迫されて壊死した状態です。
床ずれといいます。
褥瘡では、まず予防的介護が第一です。
油断をすると、1〜2日のうちに褥瘡ができてしまうため、日常の介護のなかで、皮膚の状態をよく観察しておくことが大切です。

 

褥瘡の進行

発赤 皮膚が赤くなる
mark_arrow_down.png
壊死 血液の流れが悪くなると皮膚が黒ずみ、びらんしてくる
mark_arrow_down.png
潰瘍 皮膚がむけて傷口がただれ、皮膚の組織が欠損する


褥瘡のできやすい人
〇麻痺などがあり、自分で寝返るがうてない人、腰を上げられない人、動かせない人。
〇認知症などにより、自分で動こうとしない人。
〇尿や便の失禁がある人。
〇栄養状態が悪く末期状態にある人。
〇やせている人。
kaigo_oya.png


褥瘡の発生しやすい部分

特に褥瘡ができやすいのは骨が突出しており、かつ外からの圧力が持続的に加わりやすい部分です。


慰問★紙ふうせんさんによるシャンソン

2017.04.11(火)

通所リハビリテーションにて、総合南東北病院のボランティア団体で、当病院では何度もお世話になっている紙ふうせんさんによる慰問が行われました!

DSCF8024_resize.png

素敵な笑顔の華やかなフラダンスを楽しんだ後は、

DSCF8034resize.png

モンド・ポエティックさんによる詩の朗読と郡山シャンソンの会の宮内さんによるシャンソン歌唱が行われました。

この「モンド・ポエティック」とは日本語で「詩的な世界」というフランス語で、朗読と歌で詩的な世界を表現していきたいと、昨年から活動しているそうです。

DSCF8029_resize.png

そしてシャンソン歌手の宮内さんは、主に郡山にてコンサートを開いたり、ラジオでも活躍しています。

DSCF8026_resize.png

詩の朗読が行われた後歌がうたわれるかたちで進行され、まるでミュージカルを見ているかのようです。
詩と歌が美しく紡がれて、愛し合っているのにすれ違ってしまった男女のストーリーを表現しています。

DSCF8032_resize.png

シャンソンの代名詞といわれる「愛の讃歌」や、「さくらんぼの実るころ」、そしてみなさんご存知の「花は咲く」を利用者の皆さんの合唱しました。

DSCF8035_resize.png

「花は咲く」では、フラダンスとのサプライズコラボレーションも!

利用者さんの中には美しい歌声に涙ぐむ人もいて、思わずうっとりしてしまうような素敵なショーとなりました。

DSCF8040_resize.png

通所リハビリテーションでは、このように素晴らしい皆様に支えられ、年間多数の慰問を開催しています。

これからも利用者の皆様に笑顔いっぱい元気になっていただけるよう努力してまいります。

★シャンソン歌手・宮内さん出演のラジオ番組
「お気楽ジャズタイム」 ココラジで毎週月曜日の午後9時から放送中!

★モンド・ポエティックの舞台女優・秋葉さん出演のラジオ番組
「椿さん劇場」 ココラジで毎週水曜日の午後9時から放送中!

 


須賀川市のがん検診の対象年齢が変わります

2017.04.10(月)

須賀川市のがん検診の対象年齢などが変わります。

国の指針に基づき、市で実施している胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診の対象年齢と、乳がん検診の検査方法が平成29年から変更になります。

変更内容は以下の表をご覧ください。
(広報すかがわより抜粋)

当院では市の各種検診を受け付けております。ご参考にしてください。

各種がん検診の変更内容.png

当院の健診についてのお問い合わせは・・・
南東北春日リハビリテーション病院 健診担当直通 0248-63-7106


新人研修を行いました★スタッフホスピログ★

2017.04.04(火)

 いよいよ4月!!新しいスタートの季節を迎えました♪
暖かい日も続き、近くの梅の花も綺麗な花を咲かせています。

 当院でも新年度が始まり、本日は新入職員研修を行いました。
みなさん、明日からも初心を忘れる事なく頑張って下さい(*´∪`*) ♪♪

DSCN4377.JPG

DSCN4374.JPG

DSCN4378.JPG

DSCN4382.JPG


 

 


過去ログリスト
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008