春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
院内トピックス 出前講座「元気な暮らしを送るために・介護予防プログラム」開催しました

2011.08.30(火)

demae_110819.jpg 8月19日(金)、須賀川市民温泉2階大会議室にて当院の大倉理学療法士が出前講座を行いました。

 須賀川市シルバー人材センター会員様や一般の方々を対象に、元気な暮らしを送るための介護予防について、知識と自宅で取り組める体操が行われました。 参加した方からは「膝に水がたまる」「肩が思うように動かない」「脈拍について」「ウォーキングについて」など多数ご質問やご相談をいただきました。

 社団法人須賀川市シルバー人材センター主催のもと、『平成23年度企画提案方式事業』に当院より出前講座として、年度内にあと4回ほど教室を開催致します。

 次回は、同会場(須賀川市民温泉 2階会議室)にて、9月21日(水)午前10時より「寝たきり予防」の演題で講話の予定です。「寝たきり予防の体操」も取り入れた、とても楽しい雰囲気で毎度好評をいただいており、体を動かしたい方にもオススメですので、ご興味のある方は是非お越し下さい。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院




院内トピックス 出前講座「認知症予防について」開催しました

2011.08.29(月)

demae_110824.jpg 8月24日(水)、東大畑集会センターにて、当院の平野理学療法士が、石川郡浅川町の「東大畑ふれあいサロン会」の皆様を対象に、『認知症予防について』の題名で出前講座を行いました。

 講話では、参加された皆さんと一緒に注意力・記憶力のテストを行ったり、認知症とうつ病の違いや、予防についてのポイントなどの解説がありました。
 メモを使う工夫、暗算をしながら買い物をする等、日頃の生活のなかで見直すこと・意識することの大切さを知りましたといったご感想を頂きました。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院



夏祭りin南東北春日 いよいよ今週土曜日開催!!

2011.08.22(月)

 いよいよ今週土曜日(8月27日(土))に「夏祭りin南東北春日」が開催致します。地域の皆さんとの交流を目的に始まった夏祭りも、今回で7回目を迎えます。昨年はたくさんの皆さんにご来場いただきました。今年も昨年に負けないくらいの盛り上がりを見せております。恒例の職員による「ヨサコイ」も今年は新曲を用意しての披露となります。アトラクションには射的、輪投げの他、例年にはないうちわ作り、缶バッチ作りコーナーもご用意しております。今年もたくさんの皆さんのご来場を心よりお待ちしております!!

【夏祭り実行委員長より】
 今回夏祭り実行委員長を務めさせて頂きます回復期病棟介護福祉士の添田明美です。
入院、入所生活の長い患者さん・利用者さんに季節感や非日常的な雰囲気を味わって頂き、少しでも気分転換できるようにと職員一同準備に励んでいます。
毎年恒例となりました職員による『YOSAKOI』の発表。先日、南東北病院で行われました『ヨサコイ大競演会』では見事優勝するほどの実力です!また、屋台やバザー、アトラクションといった催し物も用意しており、子供からお年寄りまで楽しめる場となっていますので、皆様のご参加心よりお待ちしております(^-^)


yosa_110822_2.jpg  yosa_110822_2.jpg

 

≪夏祭りに関するお問い合わせ≫
医療法人社団三成会
TEL 0248-63-7299
夏祭り実行委員


院内トピックス フルートと馬頭琴・二胡のミニコンサートがありました

2011.08.17(水)

imon_110815_1.jpg 8月15日(月)、当院1階ホールにおいてフルートと馬頭琴・二胡のミニコンサートがありました。今回は当院に入院している患者さんのご家族さんのご厚意でのコンサートとなり、患者さん、利用者さん総勢40名のにぎやかなコンサートになりました。フルートはよく耳にする機会はありましたが、馬頭琴、二胡は生演奏を聴くのが初めての方ばかりでどのような音色を出すのか楽しみにしておりました。演奏はフルートと馬頭琴・二胡の奏でる音にみんな心落ち着くような感じで聞き入っておられました。約40分の演奏で、アンコールまで快く受けていただけました。歌詞を知っている曲は合唱したり、患者さん、利用者さんの心休まる顔、そして穏やかな気持ちになっていたようで本当にいい時間になりました。このような機会を申し出ていただき本当にありがとうございます。

 

馬頭琴・・・モンゴルの遊牧民の間に古くから伝わる、二弦からなる擦弦楽器です。国語の教科書で「スーホの白い馬」で馴染みのある楽器です。

二胡・・・中国の伝統的な擦弦楽器の一種で、女子十二楽坊でお聞きになったことがあるのではないでしょうか。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


院内トピックス 出前講座「元気で長生きするためには」(浅川町)を開催しました

2011.08.13(土)

demae_110809.jpg 8月9日(火)、浅川町地域包括支援センター(中根松ふれあいサロン)さん主催による出前講座「元気で長生きするためには」を中里コミュニティ消防センターで開催しました。当院の矢田部理学療法士が講師を務めました。

内容は、今後の高齢化社会に向けて、これからは高齢者が地域を支える時代がやってくると言われております。それに備えての新たな健康づくりとして「介護予防」について、転倒・骨折についての講話、ウォーキングなどの運動についての目安や歩き方の解説がありました。

 聴講者のほとんどの方が、農業に従事しており、毎日歩く環境にはあるそうなんですが「1日でどれくらい歩いているのか」「1日の歩数目標」については、さほど気にされてなかった方も、見受けられた様子でした。

 講話を終えて、参加者の方に感想を伺ったところ、「とてもわかりやすかったです。今のところ健康な身体ですが、毎日続ける事の大切さを知る事ができて良かった」「ウォーキング以外にも、自転車をもう少し有効に活用したいなと思います」など、多数ご意見を頂きました。

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院


サマーショートボランティア 実習の感想!!

2011.08.12(金)

サマーショートボランティアが8月1日~13日まで行われております。延べ120名の実習生が当院へ就業体験に来ております。実習を行った高校生に感想を聞きました。一部ですがご紹介いたします。

 

・患者さんとの触れ合いがとても楽しかった。私は少しオドオドして最初はうまく話せなかったが、患者さんの方から話しかけてくれたのが嬉しかった。また、スタッフの方々が分かりやすく説明してくださったので安心して作業に取り組むことができた。(須賀川高校 生徒さん)

・いろんな人とお話できて楽しかったです。「ボランティア」とはやはり自分から歩み寄らないと活動できないと思いました。(須賀川高校 生徒さん)

・最初は緊張したりしたけど患者様といろいろお話していいるうちに緊張がとけました。病院のスタッフさんも、皆さんいい方ばかりで充実した実習ができました。ありがとうございました。(須賀川高校 生徒さん)

・あまり積極的にお年寄りの方とお話したり、コミュニケーションを自分からすることができなかったけど、介護士の仕事をしっかり見れて良かった。私もしっかり人とコミュニケーションが出来る様になれるようになりたいと思う。(須賀川高校 生徒さん)

・初めは緊張していてぎこちない感じでしたが、看護師さんに丁寧に教えていただき、また患者さんとコミュニケーションができて楽しみながらできました。思っていた以上に充実した実習でした。(清陵情報高校 生徒さん)

・最初は何をしたらいいのか不安でしたが、講師の方が丁寧に、かつ優しく教えて下さったので、安心しながら実習することができました。今回あまり体験できない事を体験させていただいたので、すごく自分のためになる実習ができたと思います。お年寄りの方ともお話しすることができて、大変楽しかったし、良い機会になったと思います。(清陵情報高校 生徒さん)

・最初はどう話しかけたりしたらいいか分からなかったのですが、一度話し始めるとちょっとずつ話しかけてもらえたりしたのでよかったです。話しかけられても少し聞き取れなかったりしたりもしたのでもう少し聞き取れたらよかったです。(須賀川桐陽高校 生徒さん)

・患者さんとの会話に慣れるまで少し時間がかかったけど楽しく過ごせました。一日の流れなどを教えてもらえて勉強になりました。(須賀川桐陽高校 生徒さん)

・初めての状況でどうしたらよいかわかりませんでした。もっとうまく立ち回れたらよかったなと思います。看護職にはこのような仕事もあるのだなと改めて知りました。(須賀川桐陽高校 生徒さん)

・スタッフさんが優しく教えてくれたのでやりやすかったです。利用者さんと何を話したらいいのか分からなかったことが残念でした。(須賀川高校 生徒さん)

・患者さんとの交流や触れ合いの場が多くあり、明るい職場でした。とてもやりがいのある仕事だと実感しました。(須賀川桐陽高校 生徒さん)

 

110708春ちゃん指差し_左.jpg医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院

 


南東北グループ よさこいソーラン大競演会 優勝しました

2011.08.09(火)

 8月7日(火)、総合南東北病院にて夏祭りが開催されました。イベントのひとつとして南東北グループ施設対抗のよさこいソーラン大競演会が行われ、今回の参加チーム数は、岩沼・江古田の森・東京病院の3チームが増え、12施設となり盛り上がりました。

当院は昨年優勝していることもあり、他施設から「打倒春日」というプレッシャーを感じておりました。今年はどの施設も春日を倒すのために一生懸命頑張っているという話を聞いておりました。当院は夏祭りで毎年4曲を演舞するために練習しておりますが、4曲に加え今年は新しい曲「IBUKI」を覚えなければいけませんでした。今回は指導する側も踊りを覚えてからの指導という事もあり、なかなか思うような練習ができませんでした。ただ職員は業務終了後、休みの日を利用して練習に来てくれたりと一生懸命に練習をしてきました。ほぼ毎日練習に来てくれていた職員もいました。本当にありがとうと感謝の言葉しかありません。

今年も開会式前からすごく暑く、衣装をまとってから汗が滝のように流れていました。水分補給しなければ。実は「IBUKI」をみんなで合わせるのは当日が初めてで本当にドキドキでした。本番前の最終確認では不安な顔を見せていた職員も、いざ演舞が始まると自信に満ち溢れた顔(ドヤ顔)で踊っていました。今回の踊りはいつもの春日の踊りとは違い少し大人しめのように感じましたが、みんなで合わせてのきれいな踊りができたと思います。

表彰式です。今年は各施設とも去年よりも練習量を増やしてきただけあって接戦になるのではと思いっておりました。まず特別賞、「川俣チーム」名前が呼ばれて歓声が上がりました。練習の成果が形となってうれしそうでした。おめでとうございます。続いて3位「三春チーム」当院の隣にいたのでうれしそうな表情で検討を称えておりました。うれしそうな表情を見ているとこちらもうれしくなってきました。次が2位です。司会者から衝撃的な言葉が・・・。「2位はありません、1位が2チームあります」とのことでした。この言葉を聞いて本当にどの施設が優勝するのかわかりませんでした。昨年、当院が優勝しましたが、今年はどの施設も素晴らしい演舞を披露したので、ドキドキが収まりませんでした。1位の発表です「春日チーム・岩沼チーム」呼ばれたとき、私は岩沼の喜びと当チームリーダーの喜びが目に入り練習を続けてきてよかったとしみじみ感じてしまい自分が喜ぶのを忘れていしまいました。

昨年の優勝したプレッシャーのなか練習を続けてきた職員のみなさん本当にお疲れ様でした。しかし、よさこいの本番は春日の夏祭りです。演舞曲は5曲となりますので熱中症にならないように気を付けながら練習に励んでください。春日の夏祭りは8月27日(土)となります。よさこいを見たい方、是非当院夏祭りへ足を運んでください。大会よりもすばらしい演武を披露したいと思います。

 

yosa_fes2011_06.jpg医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M

 

 


院内トピックス 出前講座「生活習慣病予防について」開催しました

2011.08.02(火)

demae_110729.jpg 7月29日(金)、いわせ老人福祉センターにて「生活習慣病予防について」をテーマに当院の平野理学療法士が、須賀川市で行われている「生きがいデイサービス」に加入の方を対象に出前講座を行いました。
講演の内容は、生活習慣病とはどんな病気なのか、予防の為の運動について解説がありました。
参加者の中には、元気な高齢者もいれば、ひとり暮らし等で閉じこもりがちな方もいらっしゃるようで、講義のメモを取ったり、閉じこもりの改善について行動や生活等についてのご質問があり、今後の生きがいについて話合っている皆さんの笑顔がとても印象に残りました。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院


院内トピックス 「サマーショートボランティア」が始まりました

2011.08.01(月)

summer_110801.jpg8月1日から13日までの期間で、サマーショートボランティアの実習体験を行っております。昨年も好評だったこともあり、述べ人数で100名を超える学生の方の参加申し込みがありました。

8月1日の参加者は11名となります。希望職種の実習体験が行われております。夏休みの時間を有意義に利用して将来への目標へ向かっていただければ幸いです。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


院内トピックス 出前講座「血管を保つ食事」開催しました(西袋公民館)

2011.08.01(月)

  demae_110728.jpg7月28日(木)、西袋公民館にて「血管を保つ食事」をテーマに当院の有我管理栄養士が出前講座を行いました。

内容は、血管の健康には、血液の流動性が深く関与しており、サラサラな血液にするためにはどうしたらよいかを普段の食事、生活習慣において大事なポイントの解説がありました。

ポイント

1.ストレスをためない工夫をする

2.こまめに水分補給をする

3.適度な運動を行う

4.節酒・禁煙

5.糖分・塩分・脂肪を控えめにする。

6.おすすめ食材を摂る

ここでは、次の4種の栄養素を取り上げました。 

(1)「DHA・EPA」を含む食品
まぐろ、いわし、さば、さんま、鮭
※DHA(ドコサヘキサエン酸:善玉コレステロールを増やす)
  EPA(イコサペンタエン酸:血栓をできにくくする働きがある)

(2)「食物繊維・ミネラル」を含む食品
野菜、海藻、こんにゃく、いも類、果物、きのこ等

(3)「祝物正たんぱく質」を含む食品
大豆、豆腐、おから、豆乳、納豆

(4)「抗酸化ビタミン」を含む食品
緑黄色野菜(βカロテン)
ブロッコリー(ビタミンC)
アーモンド・アボガド・ごま(ビタミンE)

参加した約9割が女性の方で、「お料理の参考になった」「塩分や油を減らす工夫が必要と感じた」など、多数のご感想をいただきました。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008