春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
南東北グループ球技大会開催!!

2010.05.26(水)

 image.jpg

6月13日(日)に南東北グラウンド(郡山市西田町)で南東北グループ球技大会を開催します。6月にはサッカーワールドカップがあり、世界中が盛り上がっていますが、ここ福島県でも負けてはいません。
昨年は北は青森県の八戸から、南は東京都の江古田の森まで約500名のグループ職員が集まり、バスケットボール・ドッチボール・フットサルなど白熱した試合が繰り広げていました。昨年は惜しくも準優勝でしたので今年は優勝を目指して頑張りたいと思います。韓国戦は残念な内容となってしまいましたが、サッカー日本代表も目標を高く持って頑張ってください。

 

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務M


予防は生活習慣の改善から脳梗塞(のうこうそく)

2010.05.26(水)

予防は生活習慣の改善から脳梗塞(のうこうそく)

 

脳梗塞ってどんな病気なの?
脳梗塞とは、文字どおり脳血管内に梗塞ができる病気です。
「梗塞」とは、血管の一部分で血液の流れが止まり、血液の得られない箇所の細胞が死ん
でしまう状態をいいます。
脳梗塞は、日本人の死亡原因の上位となっており、いったん発病してしまうと、命が助かったとしても麻痺などの後遺症が残ってしまう恐ろしい病気です。

 

脳梗塞の種類
小梗塞ラクナ梗塞
  no1-1.jpg脳の深部の極めて細い血管がつまるもので、日本人に最も多いタイプの脳梗塞です。
※ラクナとは、小さな穴という意味

 

 

中梗塞アテローム血栓性脳梗塞
動脈硬化で狭くなった太い血管に血栓ができてつまるもので、動脈硬化を発症・進行させる高血圧・脂質異常症・糖no2-1.jpg尿病など生活習慣病が原因です
※アテロームとは、コレステロールが血管壁に入り込み、お粥のような塊になった物

 

 

大梗塞心原性脳梗塞
心臓にできた血栓が血流にのって脳まで運ばれ、脳の太い血管をつまらせるもので、不整脈の1つでもある心房細動が原因として最も多くあげられます。

no3-1.jpg
 

 

 

 

こんな前兆があれば、たとえ症状が消えても早期に受診しましょう

 

運動障害

no4-1.jpg左右どちらかの手足に力が入らない。動かせない。もつれる。

 

感覚障害

左右どちらかの手足がしびれる。熱さ、痛みの感覚がない。

 

平衡障害

めまいがあり、立っていられない。

 

言語障害

ろれつが回らない。言葉が出てこない。

 

視力障害

物が二重に見える。視野が半分欠ける。片側の目が見えない。

 

嚥下障害

上手に物を飲み込めない。むせたりする

 

 

脳梗塞を予防するために、このようなことを心がけましょう

生活習慣病の予防

no5-1.jpg高血圧・糖尿病・脂質異常症などにならないように

食生活に気を配る

適正なエネルギー量を心がけ、脂肪・塩分は控えめに。

運動を取り入れる

ウォーキングなど軽い運動で血流をよくしましょう。

禁煙・節酒

タバコは動脈硬化のもと!禁煙しましょう。アルコールは控えめに。

日本酒なら11

ビールなら1日大ビン1本程度

入浴での注意

お湯の温度は38 40℃にし、水分補給を心がけて。

 

季節ごとの注意

no6-1.jpg汗をかいて体の水分が少なくなると、血液の流れが悪くなり、血栓ができやすくなります。脱水症状にならないよう水分を補給しましょう。

外出時、外気と室内の温度差が激しいと、血圧が上昇しやすくなりますので注意しましょう。

 

脳梗塞は、日常生活を改善すれば、予防できる病気でもあります。大きな発作を起こす前の"前兆を見逃さずに、早期受診・治療を心がけましょう。

 

 

掲載している情報は株式会社メディネット様より提供をいただいております。

URL:http://www.mdnt.co.jp/

 

記事提供
社会福祉法人 南東北福祉事業団
総合南東北福祉センター
http://www.kaigo-hiwada.com/


地域イベントのお知らせ 「祭天」

2010.05.25(火)

今週となりましたが、5/29(土)、30(日)に須賀川の松明通りを舞台に2005年から開催されているイベント「祭天」が開催されます。約70のサークル・団体が参加する大規模なイベントになっているようです。

YOSAKOIを中心とした踊りやバンドミュージックなど、ジャンルを問わないパフォーマンスの発表の場となっているそうです。市民の有志が立ち上げ、創り上げている催しでホームページを見るとすごい熱気が伝わってきます。

週末予定が空いている方がいましたら一度参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


リハビリトピックス!! みんなで出来る介護予防 〜マット運動編〜

2010.05.25(火)

みんなで出来る介護予防

〜マット運動編〜

 

準備するもの:マット(畳であれば不要)

 

 

1.寝ながら深呼吸

                      

mat_1.jpg息を大きく吸って、大きく吐きます

2回〜3回行いましょう

 

 

 

2.膝を曲げる運動

 mat_2.jpg

あおむけになり、両手で膝を抱え、     

膝を曲げます。痛みのない範囲で10秒程

行い、反対側も行います。できれば2セット

行いましょう。

 

 

 

3.ももの裏を伸ばす運動

                              mat_3.jpg 

あおむけになり、両手でももをもって裏の筋肉

を伸ばす運動です。膝が曲がらないように

注意しましょう。痛みのない範囲で10秒程行い、反対側も行います。

できれば2セット行いましょう。

 

 

 

 

 

  

4.開脚・前屈運動

                        mat_4.jpg 

両脚を広げ、膝が曲がらないようにしながら   

 ゆっくり身体を倒していきます。息を吐きながら

10秒間保持し、2セット行います。

 

 

 

 

 5.からだひねり運動

                       mat_5.jpg 

あおむけになり足を反対側へ回し身体を   

 捻っていきます。息を吐きながら10秒間

保持し、2セット行います。

 

 

 

 

 6.からだ反らし運動

                        

mat_6.jpgうつぶせになり、肘をついて顎を引きながら     

 ゆっくりと身体を反らしていきます。腰に痛みがでた場合は中止するか、加減してください。

 

 

 

 

7.足持ち上げ運動(あおむけ)

                        mat_7.jpg 

あおむけで脚を持ちあげます。あまり高く    

 持ち上げず、その場で10秒間保持します。

できれば23セット行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 8.足持ち上げ運動(横向き)

                     

mat_8.jpg横を向いて脚を持ち上げます。7と同様に

あまり高く持ち上げず、その場で10秒間

保持します。できれば23セット行いま

しょう。

足は気持ち後ろ側へ持ち上げましょう。

 

 

 

9.お尻持ち上げ運動

                       mat_9.jpg     

あおむけで、お尻を持ち上げます。

おしりをなるべく高く持ち上げられる

ようにしてください。その場で10秒間

保持し、できれば23セット行いましょう。

 

 

 

 

10.四つ這いでの運動(1)

   「腕伸ばし」           

mat_10.jpg四つ這いの姿勢から腕を伸ばしていきます。

左右交互に5秒間保持し、できれば

23セット行いましょう。

 

 

 

 

 

11.四つ這いでの運動(2)

   「脚伸ばし」          

mat_11.jpg四つ這いの姿勢から脚を伸ばしていきます。

左右交互に5秒間保持し、できれば

2〜3セット行いましょう。

 

 

 

 

 

12.四つ這いでの運動(3)

   「腕・脚伸ばし」         mat_12.jpg 

四つ這いの姿勢から腕と反対の脚を

伸ばしていきます。左右交互に5秒間

保持し、23セット行いましょう。

 

 

 

 

13.膝立ちステップ

 

両膝立ちの状態から片脚を前方に振り出します。

左右交互に10回行いましょう。      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院

春日リハビリテーション・ケアセンター

リハビリテーション科


介護トピックス!! 身近な介護用語

2010.05.17(月)

日常生活に出てくる介護に関する用語の説明をしたいと思います。(50音順)

 

自助具・・・・・・・・・・・・・・・・・・・障害があっても自力で行動できるようにするための補助具。車イスや歩行器などをはじめとして、生活全般にわたるいろいろな道具がある。

社会福祉士・・・・・・・・・・・・・・・・身体上・精神上・環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある人の福祉に関する相談、助言、指導などの支援を行う専門家。

褥瘡(じょくそう)・・・・・・・・・・・・床ずれのこと。ずっと同じ姿勢で寝ていると、身体の一部に圧迫や摩擦、血行不良のために炎症が起こる。


生活習慣病・・・・・・・・・・・・・・・・いわゆる「成人病」のこと。食事、運動、喫煙などの生活習慣が関与している病気。代表的なものとして高血圧、糖尿病などがある。


清拭(せいしき)・・・・・・・・・・・・・清潔を保つために蒸しタオルや布を使って、身体をきれいに拭くこと。
成年後見制度・・・・・・・・・・・・・介護サービスは利用者とサービス業者の直接契約となっているが、利用者が精神・知的障害・認知症などの場合、法律上の手続きや財産管理などを援助者が代行して、利用者の権利を守る制度。

せん妄(せんもう)・・・・・・・・・・・意識障害の1つで、幻覚、不安や興奮の状態を示す。高齢者では脱水やけがのショックなどにより一時的にせん妄状態になることがある。

ターミナルケア・・・・・・・・・・・治る見込みがない人に施す終末期の医療や看護。延命治療ではなく、痛みや苦痛を緩和しながら、残された時間を有意義に過ごせるようにする。

摘便・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自力で排便できないとき肛門から直腸に手指を入れて、便を摘出すること。

トランスファー・・・・・・・・・・・・ベッドから車イス、車イスからトイレなど、別の場所に身体を移動させる「移乗動作」のこと。

脳卒中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・脳の血管がつまる「脳梗塞」と、脳の血管が破れる「脳出血」または「くも膜下出血」の3つに分かれる。片方の手足の運動の麻痺・感覚麻痺など、右麻痺・左麻痺によって色々な障害を伴う。

ノーマライゼーション・・・・・・障害があっても区別や差別されることなく、人間として普通に生活を楽しみ、権利と義務を担って生きる社会であるべきだとする生活原理。


バイタルサイン・・・・・・・・・・・身体の状態を観察するための不可欠なポイントで、体温・脈拍・呼吸・血圧・意識があるかどうかの5つを指す。

廃用(はいよう)症候群・・・・・・・ずっと寝たきりで身体を動かさないと、骨や筋肉の萎縮(いしゅく)や関節の拘縮、意識や記憶力などの心身機能が低下すること。


モニタリング・・・・・・・・・・・・・・介護保険で作成したケアプランに沿った介護サービス利用がうまくいっているかどうか、利用者の意見を聞くこと。


理学療法士(PT)・・・・・・・・・・・病気やけがなどで身体に障害を負った人の機能を最大限に引き出すために、筋肉増加などの運動療法、電気や温熱などを使った物理療法を中心に動作機能回復をサポートするリハビリの専門家。

 

(小春日和第65号より)



医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院

http://www.kasuga-rehabili.com/index.php


家庭の医学 -脳卒中の症状と原因について-

2010.05.15(土)

家庭の医学 -脳卒中の症状と原因について-

 

今回は脳卒中の症状や原因についてお話をさせていただきます。

 

【具体的な症状】

●頭痛…頭痛はいろんな原因で生じますが、急に生じた頭痛で、特に「普段経験したことのない強い痛み」の場合には要注意です。


●麻痺(半身不随)…右あるいは左の片側の手足の力がぬけてしまいます。急に出現した場合には脳卒中発作を第一に考える必要があります。

●感覚障害…顔や左右片側の手足の感覚がなくなったり、しびれなどがあります。

●言語障害…失語症と構音障害の2通りがあります。失語症は話し掛けられても理解できない感覚
性失語と、思ったことを言えない運動性失語があり、さらにどちらも出来ない場合があります。構音障害は舌や口の周りの筋肉の麻痺によって呂律(ろれつ)が回らなくなります。

●視野障害…視野の半分が急に見えにくくなる(視野障害)や急に片側の目が真っ暗になり見えなくなる場合には(黒内障)脳卒中が原因である場合があります。


●めまい…回転性めまい(景色がくるくる回って見える)、浮遊感(船に乗ったようなゆらゆらする)などがあり、急に生じためまいでは吐き気を伴うことが多いです。

●失調(ぎこちなさ)…手や足がスムーズに動かせない状態であり、見た目には、ロボットのようなぎこちない動きや歩き方となります。


●意識障害…脳に原因がある場合では、頚部や頭蓋内の太い血管が細くなったために起こる脳貧血で生じることがあります。心臓に原因がある場合には不整脈にて生じることがあります。

●認知症…最近の出来事など新しいことが覚えられなくなり、同じ事を何度も繰り返し聞くなどの物忘れが急に生じることがあります。


●手のふるえ…多発性脳梗塞の症状としてパーキンソン症候群による手のふるえが生じることがあります。

 

 【原因】

脳卒中の危険因子

高血圧●糖尿病●動脈硬化などですが、それ以外にも、肥満気味の人や晩酌を欠かさない人は脳卒中の発症率は高くなります。最も恐いのは「高血圧」です。しかし、高血圧は、生活習慣を見直すことによって予防でき、軽度の高血圧であればすぐに改善できることもあります。まずkasuga_illust_n.jpgは、生活習慣を改善しながら、場合によっては診察を受けましょう。

 

〈小春日和第65号より〉

 

 

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院


地域イベントトピックス!! 「釈迦堂川の鯉のぼり」

2010.05.12(水)

須賀川市の釈迦堂川には、毎年恒例の鯉のぼりが登場しております。その数は約700匹になります。すごい数の鯉のぼりですね。
撮影した日は天気もよく、風もあったので鯉のぼりが優雅に泳いでいました。

 

五月のゴールデンウィークは4月の天候の悪さを払しょくする位のいい天気に恵まれ、鯉のぼりも優雅に泳いでいたと思います。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院

 

DSCF3219-1.jpgDSCF3224-1.jpg

 

 


リハビリトピックス!! みんなで出来る「介護予防」!〜バランス体操編〜

2010.05.10(月)

みんなで出来る「介護予防」!

-バランス体操編-

 

準備するもの:椅子

1.バランスの前に「足指運動」

 座った状態で足の指をグー・チョキ・パーと動かします。タオルがあればタオルをたぐりよせる運動も行いましょう。

 

2.つま先上げ・踵上げbalance2.jpg

 転びそうで、不安な方は椅子の背もたれに掴まり、不安のない方はいつでも手の届くところに背もたれを置きます。そこでまず踵上げを10回・次につま先上げを10回行います。余裕があれば2セットから3セット行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.足を開く運動balance3.jpg

 2と同じように椅子の背もたれを近くに置き、右足から足を斜め後ろに伸ばしていきます。その際、身体がつられて、前に倒れないようにしてください。10行ったら、左足も行います。余裕があれば2セットから3セット行いましょう。

 

 

 

 

4.やじろべいの運動balance4.jpg

 余裕のある方は、両手を広げ(不安な方は椅子に掴まり)、足を肩幅にひろげて左右交互にしこを踏むように足を側方に上げ、バランスをとります。慣れてきたら出来るだけ大きく行いましょう。左右交互に10回程度、2〜3セット行いましょう。

 

 

5.ステップ運動

 まっすぐ立った姿勢から前・後ろ・右・左と一歩ステップします。ステップした足に体重をかけ、ゆっくりと膝を曲げていきましょう。そして膝を伸ばし元に戻ります。これを3セットから5セット繰り返してみましょう。 

balance5.jpg6.応用編part1

 「閉眼での運動」

 2〜5までの運動を目を閉じて行います。転ぶ危険性が高くなりますので、けして無理しないでください。

 

7.応用編part2

 「バランスマットを使った運動」

 バランスマットを使用し、2〜5の運動を行いましょう。無理せず、できるところまでで結構です。

 

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
リハビリテーション科 


女性に多い病気シリーズ!! 「 鉄欠乏性貧血」

2010.05.10(月)

あなたは大丈夫ですか??

       鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)

 

貧血ってどんな病気??

 体調の隅々へ酸素を運ぶために必要な赤血球と、赤血球の中で酸素を取り組むヘモグロビンが不足し、酸素を十分に体内にいきわたらせることができなくなった状態をいいます。

 

貧血の原因??

貧血の中で最も多いのが鉄不足が原因で起こる鉄欠乏性貧血といわれています。

特に毎月生理で血液を失う女性が、圧倒的に鉄欠乏性貧血になりやすいといわれています。

 

貧血の症状!!

めまいや立ちくらみなどが代表的な症状ですが、その他に、頭痛や肩こり、動悸などのストレス症状や、集中力や記憶の低下も貧血の症状としてあげられます。

 

無理なダイエットは貧血の敵!!hinketsu.jpg

思春期の体は成長期にあたるので、身長や筋肉、血液量も増え、それだけ鉄が必要になります。そのような時期に無理なダイエットを行うとmたちまち鉄が不足してしまいます。

 

貧血予防のために

日常生活の改善

1.適度な運動をする

 適度な運動をしているとヘモグロビンが増加しますが、激しい運動は赤血球を破壊するので逆効果です。

2.睡眠時間を十分に取り、規則正しい生活を行う

 夜更かしや不規則な生活は鉄分を不足させる傾向にあります。

 

食生活の改善

1.鉄分の多い食品を積極的に摂るhinketsu2.jpg

 成人男性は約12〜15mg、成人女性は15〜20mgの鉄分が1日に必要といわれています。

女性は、生理や妊娠、授乳のため鉄分が失われやすいので、男性よりも多く鉄分が必要になります。

 

2.バランス良く、三食規則正しく食事を摂る

 鉄と共にヘモグロビンの構成要素であるたんぱく質や、鉄分吸収を促進させるビタミンC、正常な赤血球を造るのに必要な葉酸やビタミンB12を鉄分と一緒に摂るとよいでしょう。

 

3.食前・食後のコーヒー・紅茶・緑茶に注意!!hinketsu3.jpg

 コーヒー・紅茶・緑茶に含まれるタンニンは、鉄分と一緒に摂ると、鉄分の吸収を悪くさせます。食事中にお茶を飲むときは、タンニンの少ない麦茶やほうじ茶にしましょう。

 

 

※鉄分の多い食品

●大豆や大豆製品 ●牛・豚・鶏のレバー、牛もも肉 ●小松菜、ほうれん草、切干大根、プルーン ●ひじき、もずく、のり ●あさり、しじみ、まぐろの赤身、かつお

 

 

                                       【記事提供】

社会福祉法人 南東北福祉事業団

総合南東北福祉センター

http://www.kaigo-hiwada.com/


リハビリトピックス!! 「リハビリ広場ができました」

2010.05.06(木)

当ホームページにてリハビリ広場が新しく開設しましました。

内容はリハビリテーションにかかわることがほとんどで、「リハビリとは?」「脳卒中とは?」など症状別で詳しく記載してます。

その他、利用者さん、患者さんのリハビリの体験記なども多く記載してあります。

頻繁に更新していくので是非チェックしてください。

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院

春日リハビリテーション・ケアセンター

 


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008