春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
フォークバンド「サウンドロード」による慰問が老健施設でありました

2009.07.31(金)

20090714_2.jpg7月14日(火)、フォークバンド「サウンドロード」の皆さんが当施設に慰問に来てくださいました。サウンドロードは主に郡山市で活動している4人組のバンドで、今年で結成20年にもなるそうです。今回はボランティアグループ「紙ふうせん」のご紹介で、当施設でのコンサートが実現しました。会場となった2階機能訓練室には廊下いっぱいに患者さんや利用者さんが集まり、ギター・ベース・サックスによる演奏と歌を楽しみました。演奏曲には「高校3年生」「青い山脈」「上を向いて歩こう」などみなさんご存知の懐かしの名曲があり、一緒に歌ったり手拍子をしたり笑ったりと、たくさんの元気をもらった一日となりました。
サウンドロードの皆さん、素晴らしい歌と演奏をありがとうございました。


院内トピックス 職員会主催ボウリング大会を行いました

2009.07.30(木)

20090716_2.jpg7月16日(木)、タイトーアミューズメントシティ郡山にて職員会主催によるボウリング大会を開催しました。ボウリング大会は職員のリフレッシュと親睦を深める目的で行われ、夏の恒例行事となっています。豪華景品がかかっていることもあって、今年も白熱した大会になりました。今年の優勝者は男性が小松雅也さん、女性が秋吉秀美さんで、どちらもリハビリテーション科のスタッフでした。普段なかなか話す機会がない、他の部署の職員とのコミュニケーションがとれて、大変盛り上がり楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院

介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


スタッフ奮闘記 受付の対応について

2009.07.30(木)

ここ数日の間に南東北医療クリニックと須賀川市内の耳鼻科に続けて行くことがあり、気付いたことがありました。医療クリニックの受付の方は、無駄口をきかず、きびきびとしていて大病院らしい対応をしてくれました。一方、須賀川市内の耳鼻科の受付の女性は笑顔もなく、じろじろと患者を見てはおしゃべりをしたり笑ったりしていて、すごく感じが悪かったです。私はとにかく気分が悪く、早くなんとかしてほしかったので多少イライラしていたのですが、具合が悪くなくても目の前でああいった態度をとられると「二度と来るものか」と思ってしまいます。受付の感じが悪かった耳鼻科の先生はとても丁寧で感じの良い先生だったので、ことさら残念に思いました。
私も受付で対応することがあるので、自分の行動が病院に対しての印象を大きく変えるということをいつも頭において、行動しようと思いました。

 

(事務T)


スタッフ奮闘記 広告について

2009.07.29(水)

病院の広告を早く仕上げて、外回りの際に配りたいです。
「人に伝える」というのは、結構難しいなぁと思いました。レイアウトひとつで興味をひかれたり、逆に見ないで捨ててしまったり、自分の身近な広告でも同じです。「へぇー、そうなんだ」と思ってもらうことが大事なことなのかなと思います。

 

(事務T)

 


院内トピックス ビデオ研修「報告・連絡・相談 ここがポイント」を行いました

2009.07.28(火)

20090713.jpg 7月13日・15日の2日間にわたって、全職員対象のビデオ研修を行いました。当施設では今年度からビジネスマナー研修を行っており、6月の「社会人の常識・企業人の責任について」の研修に続いて、今回は「報告・連絡・相談 ここがポイント」というテーマで研修を行いました。社会人として「報告・連絡・相談」は基本的なスキルであり、誰もが確実に実践しなければならないのですが、施設全体として完璧には行われていないのが現状です。研修では「報告・連絡・相談」の基本とコミュニケーションを上手に行うための留意事項等について解説がありました。新入職員よりも、仕事に慣れたベテランスタッフの方が「報告」を実践していない傾向にあると言われますが、今回の研修でその必要性を再認識できたのではないかと思います。

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院

介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


介護教室 「脱水症状 ~充分な水分の補給を!~」 

2009.07.28(火)

≪汗をかいたら脱水症状のサインに注意し、充分な水分の補給を!≫

人間の体は、半分以上が水分で占められています。体内の水分を10%失うと、脱水による様々な症状が現れ、15%の水分がなくなると、生命が危険な状態になります。重症に陥る前に、早め早めに水分を補給するようにしましょう。

≪1日に約1.2ℓの飲み物が必要≫
成人の1日に必要な水分量は約2.5ℓ。食品に含まれる水分で約1ℓくらいは補給でき、さらに体内で栄養素が燃えるときに生じる水分が0.3ℓ程度あります。したがって、1.2ℓ程度の飲み物で補っていく必要があります。

≪汗をかいたり、下痢をした時には充分な水分補給を≫
運動してたくさん汗をかいたときや、発熱や下痢、嘔吐をしたときは、水分が不足しがちです。特に乳幼児やお年寄りは脱水状態に陥りやすいので早め早めに水分補給を心がけてあげましょう。また、水分が不足すると血が濃くなって血管がつまり、脳梗塞・心筋梗塞をおこしやすくなりますので、お年寄りは特に注意が必要です。

≪脱水状態のサイン≫
口の渇き、頭痛、吐き気、めまい、皮膚の乾燥、体温上昇、倦怠感、目がくぼむ、尿が減るなど。

≪水はゆっくり噛むように飲みましょう≫
いくら口が渇いたからといって急にがぶ飲みせずに、ゆっくり噛むように飲みます。コップに1〜2杯飲んだら10〜15分程度間隔をあけて、まだ口が渇くようならまた飲むようにしましょう。市販のスポーツ飲料は、ミネラルや糖分が含まれており、水よりも早く体に吸収されます。10℃程度に冷やした状態がもっとも早く吸収されると言われています。

(小春日和第54号より)

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


院内トピックス 広報誌「小春日和」第56号を掲載しました

2009.07.27(月)

koharu56.jpg当施設が毎月発行しております広報誌「小春日和」の第56号(7月発行)を掲載しました。

小春日和第56号.pdf

 

≪pickup!!≫家庭でできる食中毒予防
食中毒というと、飲食店や旅館などの食事が原因と思われがちですが、家庭の食事でも発生しています。
ただ、家庭での発生は症状が軽かったり、発症する人が少ない場合が多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気付かれないことが多いようです。

≪細菌性食中毒の種類≫
*感染型…食品と共に摂取することにより菌が腸管粘膜に作用し発病する(病原性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオなど)
*毒素型…食品に付着した菌が増殖する際に出す毒素によって発病する。(ブドウ球菌、セレウス菌、ウエルッシュ菌など)

≪主な症状≫
*腹痛、下痢、嘔吐、発熱など

≪食中毒予防の三原則≫
(1)菌をつけない…清潔
(2)菌をふやさない…迅速
(3)菌を殺す…加熱と冷却

≪家庭での食中毒予防の6つのポイント≫
(1)食品の購入 
・肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮な物を購入する。
・表示のある食品は、消費期限などを確認し購入する。
・購入した食品は、肉汁や魚などの水分がもれないようにビニール袋などにそれぞれ分けて包み持ち帰る。

(2)家庭での保存 
・冷蔵や冷凍の必要な食品は持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる。買い物をしたら食材を長時間持ち歩かない。
・肉や魚などは、ビニール袋や容器に入れ、冷蔵庫の中の他の食品に肉汁などがかからないようにする。
・肉、魚、卵などを取り扱う時は、取り扱う前と後に必ず手指を洗う。せっけんを使い洗った後、流水で十分に洗い流す。

(3)下準備
・調理前は必ず手を洗う。
・生の肉、魚、卵を取り扱った後には、また手洗いをする。途中で動物 に触ったり、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後の手洗いも大切。
・冷凍食品などの解凍は冷蔵庫の中や電子レンジで行う。
・料理に使う分だけ解凍し、解凍が終わったらすぐ調理をする。解凍した食品をやっぱり使わないからといって、冷凍や解凍を繰り返すのは危険!
・包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどは使った後 すぐに洗剤と流水で良く洗う。
・包丁、まな板などは、洗った後、熱湯をかけ消毒する。
(たわしやスポンジは、煮沸すればなOK。)

(5)調理
・加熱して調理する食品は十分に加熱する。
・料理を途中でやめてそのまま室温に放置しない。途中でやめるような時は冷蔵庫に入れ、再び調理をする時に十分加熱する。

(6)残った食品
・残った食品はきれいな器具、皿を使って保存する。
・残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けして保存する。
・時間が経ち過ぎたら、思い切って捨てる。

(管理栄養科 有我三千代)

この他、イベントニュース・介護教室・栄養だよりを掲載しております。小春日和第53号、ぜひご覧下さい!


介護教室「身近な排泄について」

2009.07.25(土)

一般的に身体機能の低下に伴い、リフォームの希望が多く出されている場所がトイレです。トイレへの移動・衣類の着脱・便器への移乗・後始末などの排泄動作が安全に行えるよう、障害の程度を十分チェックして整備に努めてください。

≪トイレ周辺のリフォームについて≫
トイレは、寝室からなるべく近い場所が望ましく、トイレまでは安全に移動できるよう、手すりを付けるなどの方法があります。廊下とトイレの床面との敷居は、歩行のつまずきや車椅子使用の障害になるので、なるべく除去に努めた方がいいでしょう。ドアの内開きは狭い場所の出入りを困難にするだけではなく、万一入れないで倒れた場合、倒れた本人にドアが当たって開かないおそれがあるので極力避けたほうがいいでしょう。外開きや引き戸、またはアコーディオンカーテンなどが望ましいです。鍵は、外から開錠できるものがよいでしょう。その他、寒いトイレ内で倒れる事故が多いので、居室とトイレの温度差に注意し、場合によっては暖房器具を設置するとよいでしょう。

≪トイレ内の設置について≫
便器は立ったり座ったりの動作が楽に行え、下半身の負担が少ない洋式の便器をおすすめします。

・洗浄機能や暖房便器付きのものは、清潔保持や冬場の皮膚感触が良いのでおすすめします。
・便座の高さは立ち上がりやすい下半身の高さが適当です。
・車椅子の場合、車椅子のシートと同じ高さにすると乗り移りが楽です。
・和式便器や両用便器が洋式便器にリフォームできない場合は、腰かけ式にする転用便器などを設置する工夫をするといいでししょう。
・手すりは、立ち上がり・移乗・座位保持などに必要ですが、設置場所や高さは障害部位、移乗動作によって微妙に違うので、実際に試してみて専門家と相談し決定することをおすすめします。
・トイレ内の床は水気でぬれていることが多いので、滑らない材質を選び、温かみがあり掃除しやすいものがいいでしょう。
・使用後の排水機能にはレバー式やボタン式などがありますが、後方に設置してあることが多いため、身体をねじることの必要のないリモコンやセンサー式を設置すると便利です。
・健側(麻痺がなく動かせるほう)の腕が届く位置にトイレットペーパーを取り付け、ペーパーがワンタッチでセットできるように整えると良いでしょう。
・非常時に備えてコールスイッチを設置すると、急な体調変化の場合もすばやく対応できるでしょう。
・トイレ内で車椅子が回転でき、介助者が一緒に入れる広さを確保すると介助がしやすくなります。
・芳香剤で消臭に気を配ると更によいと思います。

当施設では、右麻痺・左麻痺に対応しているトイレを各階に設置しています。来院された場合はぜひご覧下さい。

(小春日和 第55号より)

 

 

医療法人社団 三成会

介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


広報誌「小春日和」第55号を掲載しました

2009.07.24(金)

koharu55.jpg当施設が毎月発行しております広報誌「小春日和」の第55号(6月発行)を掲載しました。

小春日和第55号.pdf

≪pickup!!≫トランス脂肪酸の危険性
これまで、何の根拠もなしにバターは動物性、マーガリンは植物性だからバターは身体に悪くてマーガリンは身体にやさしいなどという俗説がまかり通ってきました。それを未だに信じている方がたくさんいらっしゃると思います。マーガリンに含まれる危険物質、トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸である植物油に“水素添加”をして飽和脂肪酸へ転換する際に、飽和脂肪酸にならなかった異分子です。トランス脂肪酸は、がんや虚血性心疾患を引き起こすことが確認されています。トランス脂肪酸の危険性には次のようなものがあげられます。

(1)細胞膜の性質を変化させる。
(2)酵素の働きを妨害する。
(3)85,000人の看護師の調査で、トランス脂肪酸の摂取が多い人ほど心臓病が多かった。
(4)LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らす。
(5)筋肉細胞を変化させ、肥満を招く。
(6)脂肪細胞の大きさ・数に変化を与える。

トランス脂肪酸はマーガリン、ショートニング、クリームポーションの製造時に発生します。マーガリンの別名は「食べるプラスチック」。10年経っても腐らないし、カビも生えません。繰り返し加熱された天ぷら油にもトランス脂肪酸は発生します。

≪水素添加の理由≫ラードは飽和脂肪酸であり、常温で固形が多い (魚油は常温で液体) 。植物油は不飽和脂肪酸であって、常温では液体。この不飽和部分に水素を添加して飽和脂肪酸に変えます。すると、酸化予防ができて製品の日持ちが良くなります。しかし水素添加によって、トランス脂肪酸も生み出されてしまいます。

≪水素添加された植物油≫
・ショートニング…業務用無塩マーガリンのことで、無塩バターの代用品です。
・クリームポーション…ミルクもどきの食品で、缶コーヒー・紅茶に使用されます。(クリープ以外のミルクもどきのポーション)

≪野放しのトランス脂肪酸≫FDAは、2年前にトランス脂肪酸含有率が0.1%以上の製品の生産・発売を禁じました。日本のマーケットで販売されているマーガリンのトランス脂肪酸含有率は最大13.5%です。米国のマクドナルドは、トランス脂肪酸フリーの油を使わず、和解金9億円を支払いました。

≪驚異の食品マーガリン≫…この食品は、窓際に何年置いても光・空気・自然にある細菌その他にさらしても少しも変化しません。カビも生えないし、昆虫が卵を産みさけることもなければ、ネズミが食べることもゴキブリが寄ってくることもありません。

日持ちの良い食品として家庭で使用されているサラダ・天ぷら油にも水素が添加されたものが流通しています。新品でもトランス脂肪酸は含有されています。比較的にトランス脂肪酸が少ないのは「米油」といわれています。

(内科 樋口健弥)


この他、イベントニュース・介護教室・栄養だよりを掲載しております。小春日和第53号、ぜひご覧下さい!

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


広報誌「小春日和」第54号を掲載しました

2009.07.23(木)

koharu54.jpg当施設が毎月発行しております広報誌「小春日和」の第54号(5月発行)を掲載しました。

小春日和54号.pdf

≪pickup!!≫骨盤底障害
骨盤底(骨盤底支持組織)の障害は、骨盤の靭帯(じんたい)、結合組織、筋肉が弱ったり傷ついた場合に起こります。
膀胱(ぼうこう)や直腸、子宮が本来の位置よりも下垂し、ときには体外に飛び出して脱出を起こします。
骨盤底の部分には筋肉、靭帯、組織がハンモック状に広がり、骨盤内臓器(子宮、膀胱、直腸)を支えています。
筋肉が弱ったり、靭帯や組織が伸びたり傷ついたりすると、骨盤内臓器が下垂し、腟(ちつ)の壁内に突出してくる
ことがあります。さらに重症になると、臓器が腟を通り抜けて体外に出てきます。
骨盤底の障害は種々の要因が重なって生じます。妊娠や経腟出産によって骨盤内の支持構造が弱くなったり、
引き伸ばされたりすることがあります。
骨盤底の障害は腟からの分娩(ぶんべん)を何度も経験した人に多くみられ、分娩回数が多いほどリスクが高くなります。
分娩の際に神経がダメージを受けた結果、筋力が低下することもあります。
肥満、呼吸器疾患や喫煙などによる慢性的なせき、排便時の過度のいきみ、重いものを持ち上げることなども、骨盤底の障害の原因となります。その他の原因としては、子宮摘出、神経障害、外傷、腫瘍(しゅよう)などがあります。
骨盤組織が生まれつき弱い場合もあります。加齢とともに骨盤底の支持組織が弱くなり、骨盤底の障害が生じやすくなります。
突出が軽度の場合は、ケーゲル体操で骨盤底筋を強化することにより改善されることがあります。
ケーゲル体操は、腟、尿道、直腸周囲の筋肉を強化するために行います。排尿を途中で止めるときのようにこれらの筋肉をきつく引き締めて、約10秒間その状態を維持し、次に約10秒間ゆるめます。20回を1セットとして、1日に数セット行います。ケーゲル体操は座っていても、立っていても、横になっていてもできます。

≪ケーゲル体操とは≫
別名「骨盤低筋体操」とも呼ばれ、骨盤低筋群の強化や膣圧の向上などを目指すエクササイズです。現在、世の中にはいくつかの骨盤低筋体操があり、その代表的なトレーニング法が開発者であるアーノルド・ケーゲル医師の名前を付けた「ケーゲル体操」や「骨盤低筋強化体操」と呼ばれるものです。
ケーゲル体操は1940年代にアメリカの産婦人科アーノルド・ケーゲルが尿失禁の女性患者の治療の一環として考案したPC筋のレーニングです。

この他、イベントニュース・介護教室・栄養だよりを掲載しております。小春日和第53号、ぜひご覧下さい!

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院

 


転倒予防のために「ズンドコ体操」を行っています 回復期リハビリテーション病棟

2009.07.21(火)

ズンドコ体操.JPG回復期リハビリテーション病棟では、毎食前に「きよしのズンドコ節」に合わせて、転倒予防を目的とした「ズンドコ体操」という体操を行っています。この体操は、リハビリテーション科の職員が考えた体操で、4年間も続いています。体操は深呼吸から始まり、首・手・足の運動をして、最後にバンザイをして終了です。みなさん楽しみながら行っているようで、今後も続けていきたいと考えております。みなさんも機会があれば一緒に踊ってみてください!! 

 

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


栄養だより 病院・老健の食事のご紹介 「かぼちゃ羊羹」

2009.07.18(土)

eiyou53.jpg 先月に引き続き、今月も施設で提供しているおやつを紹介します。今回は3月に実施した「かぼちゃ羊羹」です。当施設では月に1回、栄養強化献立として、さまざまな栄養素を強化した献立を紹介しています。3月は「食物繊維たっぷり膳」。羊羹に使用した寒天は水溶性の食物繊維を含みます。食物繊維には食後の血糖上昇を抑えたり、コレステロール値を減少させる働きがあります。

≪材料(8人分)≫
冷凍かぼちゃ(皮を除く)…250g
砂糖…75g
水…100cc
粉寒天…3.5g
ゆであずき…適量

≪作り方≫
(1)かぼちゃはレンジにかけ、やわらかくなったら皮をとり、熱いうちにマッシュ状につぶす。

(2)鍋に砂糖と水、寒天を入れて火にかけ、寒天を煮溶かす。

(3)(2)の寒天液が熱いうちに(1)のかぼちゃに加え、木べらで手早く混ぜ合わせる。

(4)水でぬらした流し缶やバットに流し入れ、表面を平にならす。

(5)冷蔵庫で冷やし固める。固まったら取り出して切り分け、あずきをかける。


(管理栄養士 有我三千代)


介護教室 介助方法 食事編

2009.07.17(金)

今回より、いろんな場面での介助方法について紹介していきたいと思います。まず、第1回目として、身近な食事のケアです。姿勢や介助の方法について見直せると、楽しい食事につながっていくことでしょう。

≪食事を摂取する場所≫
出来るだけ寝る場所と食事する場所は別々にすることが好ましいです。部屋の広さや、ご家族の都合によっては仕方のないことですが、座った姿勢が可能で介助する側の時間がある限り、寝る場所から離れて食事をすることをおすすめします。目や耳から入ってくる情報や刺激に加え、場所を変えたことでの気分転換にもつながります。

≪食べるための準備と介助≫
・可能であれば、寝床から離れて食卓で座って食事を摂れるようにする。
・寝床から離れられない場合は、食べ慣れた姿勢を保つようにする。
・寝床から離れられなくて、麻痺がある場合、麻痺側の肩の部分に枕などをあて、健側(けんそく:動かせる方)をやや下にして、健側から介助をする。
・食欲を見ながら、必要な量がなかなか摂れない場合は、出来るだけ栄養分のある食物をすすめる。(今まで口にしたことの無いものでも、食べられることがあるので、いろんなものを試してみるのもおすすめです)
・1回に口に入れる量は、多すぎないようにして、時折水分を摂るようにして介助する。
・口の中にいつまでも食物があるような場合は、のどに詰まらせてしまう危険もあるので、食事をいったん休憩して様子を伺ってみる。あまりにも長い時間飲み込まれないような場合は、食物を口から出すよう促す。
・視覚に障害がある場合は、どの方向に何の食べ物があるのか、どんな食材で出来ているかなどの説明をしながら介助をする。

(小春日和第53号より)

 

 

医療法人社団 三成会

介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


メディカルニュース 熱中症について

2009.07.16(木)

 テレビや新聞などで『熱中症で死亡!』という記事を目にします。
また梅雨の時季にもかかわらず、雨も少なくムシムシと暑い日が続いています。
この時季にかかりやすいのが「熱中症」です。6月後半から30℃近い日も多くなり、7月に入ってからは梅雨明け宣言もまだなのに、30℃を記録する日も多くなりそうです。
暑さ対策をしっかりとして、健康な毎日を過ごしましょう!!

*熱中症とは…
身体の中と外の“暑さ”によって引き起こされる様々な身体の不調のこと。
暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって身体の中で、たくさんの“熱”を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的(※)な反応より
生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの連続的な病態。
をいいます。

*熱中症の類型
・熱波により、主に高齢者に起こるもの
・幼児が高温環境で起こるもの
・暑熱環境での労働で起こるもの
・スポーツ活動中におこるもの

*熱中症対策は…
1.熱と日光に長時間さらされないよう注意しましょう。
2.汗をかいたら水分と塩分を補給しましょう。梅干し、きゅうりの漬け物…
3.蒸し暑さ、急な暑さは危険度が倍増します。
4.スポーツや炎天下での労働では、水分補給が必要です。
5.エンジンを止めた車内には、短時間でもとどまらないようにしましょう。
6.ちょっとでもおかしいと思ったら、我慢せずに医療機関へ行きましょう。

※生理的な反応とは、体温調節機能に失調をきたすと、発汗停止、高度の体温上昇・錯乱・せん妄などの精神症状が現れ、生命の危険を伴うことをいいます。

≪情報提供元≫
社会福祉法人 南東北福祉事業団
総合南東北福祉センター
看護部 業務課長 新田悦子
http://www/kaigo-hiwada.com


南東北グループトピックス 南東北福祉センター市民公開講座のお知らせ

2009.07.15(水)

20090716.jpg総合南東北福祉センター(福島県郡山市日和田町)で第16回市民公開講座「認知症の予防と早めの対応」が行われます。
普段知ることの出来ない「骨密度測定」など人気の相談コーナーもあり、もちろん入場無料です!!
皆さんお誘い合わせのうえ、お気軽にご参加下さい。

詳しい内容については総合南東北福祉センターホームページの「お知らせ」をご覧下さい。

 

市民公開講座ポスター.pdf


総合南東北福祉センターホームページ
http://www.kaigo-hiwada.com

 


スタッフ奮闘記 健康教室について

2009.07.13(月)

以前外回りで訪問したおばあちゃんが健康教室に来てくれました。何度か外回りの際にお会いしていたのですが、今回やっと時間がとれたので来ていただけたようです。つい最近も病院までいらして健康教室のことを聞いて行かれたそうで、「あなたがいたのはわかったけど、何か仕事をしてらしたから声はかけなかったのよ」とおっしゃっていました。
健康教室に来ていただけて、私も本当に嬉しかったです!!


(健診担当 事務T)


スタッフ奮闘記 健診アンケート

2009.07.11(土)

アンケート(健診)のコメントに一喜一憂してしまいますが、1日1日丁寧な対応を心掛けているので「親切でよかった」とか、すべての項目で「大変良い」に丸がついていると嬉しいですし、励みになります。今日来院された方でとてもユニークな方がいらっしゃいまして、元気をもらえたように感じました。私たちも受診者さんに安心感や満足感を持っていただけるようにしていきたいです。

 

(健診担当 事務T)


スタッフ奮闘記 健診アンケートのご意見

2009.07.10(金)

今日、健診を受けてくれた方のアンケートの中に、言葉遣いや対応の仕方が丁寧すぎるというご意見がありました。こういったご意見は初めてだったので、考えなくてはいけないのかなと思いました。色んな受け取り方があるので何とも言えませんが、もっと事務的にする方がいいのか、言葉遣いをもっとくだけた感じにするべきなのか…。別の方からは「丁寧でよかった、来年も来ます」という反応もいただいており、今後の課題かなと思います。

 

(健診担当 事務T)

 


スタッフ奮闘記 出前講座の感想!!

2009.07.09(木)

出前講座「無理のない生活を送るために」が無事に終わってよかったです。講師の平野さん(理学療法士)は、お話がとても上手です。年配の方にわかりやすい話しの仕方なのでしょうか?穏やかな人柄もまた良いのかもしれないですね。

 

(健診担当 事務T)


院内トピックス 敷地内に桜の苗木を植えました

2009.07.08(水)

image3.jpg毎年春になると病院敷地の隣にある、桜の木が見事な花を咲かせます。今年も患者さんはその桜の下でお花見を楽しみ、春を満喫しました。あまりにきれいで、「当院の敷地内にも桜を!!」ということで今年は敷地内に桜の苗木を植えました。「天の川」という素敵な名前の桜です。桜と言えばソメイヨシノ、エドヒガンなどが思い浮かびますが、一体どんな花を咲かせるのでしょうか。枝が空に向かって真っすぐに伸びる珍しい品種で、花の美しさは逸品と言われいるそうです。今はまだ背丈ほどの樹高ですが、すくすく成長して病院に春の訪れを知らせる存在になってくれる日が楽しみです。

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


栄養だより 病院・老健の食事のご紹介 「いもようかん」

2009.07.07(火)

eiyou.jpg当施設の老人保健施設と通所リハビリテーションでは、15時におやつを提供しております。今回は中でも人気の高いおやつのひとつ「いもようかん」の作り方をご紹介します。

作り方のコツはさつまいもを切ったら変色を防ぐため、水にさらすこと。皮を厚めにむくこと。またさつまいものきれいな黄色を出したい場合は、茹でる時にくちなしの実を入れるとより黄色が濃く仕上がります。さつまいもはビタミンCが多く含まれる野菜です。風邪のひきやすい時期には食べたい食品です。

≪材料≫8人分

さつまいも…600g
砂糖…150g
水…300cc
粉寒天…4g

≪作り方≫
[1]さつまいもはゆでて、やわらかくなったら熱いうちにマッシュ状につぶす。
[2]鍋に水を入れ、寒天をふり入れ、混ぜながら火にかける。
[3]煮立ったら火を弱めて寒天を煮溶かす。
[4][3]の寒天液が熱いうちに[1]のさつまいもに加え、木べらで手早く混ぜ合わせる。
[5]水でぬらした流し缶やバットに流し入れ表面を平らにならす。
[6]冷蔵庫で冷やし固める。固まったら取り出して切り分ける。


管理栄養科 有我三千代


スタッフ奮闘記 反省の日

2009.07.03(金)

外来待合ロビーにいた時、車椅子の患者さんが外来受診をして、その後リハビリ室まで車椅子を押して案内したのですが、途中でトイレに行きたいというので気軽に引き受けました。その時、そばを通りかかったアサヒビルサービス(委託業者)の方が手伝ってくれなかったら失敗していたかもしれません。アサヒビルサービスの方はヘルパーの有資格者だそうで、慣れた様子でやってくれました。患者さんは涙を流して「ありがとう」とおっしゃっていて、私も涙が出そうになりました。トイレのお世話はこうするのか…と勉強になりましたが、今後は安請け合いしないで、専門スタッフにお願いしようと思いました。

 

(健診担当 事務T)


スタッフ奮闘記 人間ドックそして営業

2009.07.03(金)

本日、人間ドックのご予約をいただいた方は、先日営業に伺ったところからでした。パンフレット類は読まずに捨てられてしまうんだろうな…と思っていましたが、ちゃんと見てくれている方がいるんですね。種は蒔いてみるものだと実感しました。先日、東京で警察官をしているいとこと会い、その時の話なのですが、彼は交番勤務をしていたことがあり、家々を巡回する際、留守のところは必ず名刺に何か一言(例えば「おばあちゃんお元気ですか?」など)を書き添えて郵便受けに入れていたそうです。まずは住民のみなさんに安心してもらうこと。地域のお巡りさんだから、地域密着型で活動しなくちゃいけないと思っていたそうです。私の今の仕事にも通じるものがあると思いました。私も今度「何かあったらお気軽にお電話ください」と書いてみようと思います。

 

(健診担当 事務T)


全国健康保険協会管掌生活習慣病予防健診のお申し込み方法

2009.07.02(木)

全国健康保険協会管掌(旧政府管掌)健康保険生活習慣病予防健診は、生活習慣病の早期発見、早期治療でご自身の健康への意識向上を目的とした健診です。受診用件を満たす方であれば、健診費用の助成が受けられ、一部の費用負担にて受診できます。当院では平成20年度から、この制度の実施医療機関となりました。是非、ご利用ください。

≪お申込み方法≫

[1]全国健康保険協会の都道府県支部から送付された印字済み申込書をお持ちの場合
受診を希望する健診機関にあらかじめ受診日の予約をとり、ご案内のリーフレット・同封の「記入例チラシ」・協会けんぽホームページの申込書記入例等をよくお読みになったうえで、必要事項を漏らさず記入して、全国健康保険協会へ郵送してください。(FAX不可)

[2]申込書をお持ちでない場合
受診を希望する健診機関にあらかじめ受診日の予約をとり、協会けんぽホームページの申込書記入例等をよくお読みになって、白紙申込書(ダウンロード可)に必要事項を全て記入の上、全国健康保険協会へ郵送してください。(FAX不可)

白紙申込書のウンロード⇒http://www.kyoukaikenpo.or.jp/7,0,21.html

当院ではその他にも人間ドック・特定健診等の健康診断も行っております。健康診断についてわからないこと等がございましたら、遠慮なくご相談ください。

南東北春日リハビリテーション病院 健診係
TEL 0248-63-7299


院内トピックス 畑の野菜が実りはじめました

2009.07.01(水)

image23.jpg施設裏にある畑の野菜が実りはじめました。この畑は駐車場の一部を耕し、職員による農業委員会と利用者さんによって作られています。写真はトマトです。他にもトウモロコシを栽培していますが、どの野菜達も順調に育っています。トマトはまだ青くて収穫までにはもう少し時間がかかりそうですが、太陽の恵みをたくさん受けて、真っ赤に熟すのが今から楽しみです。手塩にかけた野菜達を観察していると、愛情が湧いてきて優しい気持ちになりますね!!

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008