春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
風邪予防!!〜風邪を予防する6つの習慣〜

2010.11.26(金)

ワンポイントメディカル  風邪予防!!〜風邪を予防する6つの習慣〜

 風邪予防の基本は、栄養バランスのとれた食事をし、十分な睡眠をとって、規則正しい生活をすることです。さらに、健康で風邪を予防するために「正しいうがい」と「正しい手洗い」と6つの習慣を実践しましょう。

 

6つの習慣

1.朝ごはんをしっかり食べる。
朝、遅く起きたり、忙しいといって朝食を抜くと、体温が上がらず、低体温気味になります。体温が低いと体の免疫力が低下するため、風邪などの病気にかかりやすくなります。

2.しっかり防寒しましょう。
外出するときは、体温が下がらないようにしっかり防寒することが大切です。大きな血管のある首や内蔵の集まったお腹を温めておくと、全身が効率的に温まりますので、マフラーや腹巻などを使って温かくするのが良いでしょう。

3.マスクを着けよう。
マスクは、風邪細菌やインフルエンザウイルスの侵入を防ぐだけでなく、のどや鼻を保温・保湿する効果があります。また、くしゃみやせきなどで周囲に風邪細菌やウイルスを撒き散らさない「せきエチケット」にもなりますので、人の多い場所に出かけるときや乾燥したオフィス、家でも利用するといいでしょう。

4.こまめにうがいと手洗いをしましょう。ugai-1.jpg
外出から帰ったときや食事の前などには、必ずうがいや手洗いをして、手や口の中の粘膜についた風邪の細菌やウイルスを洗い流しましょう。
 市販されている殺菌効果の高い「薬用」ハンドソープやうがい薬を上手に利用して「正しいうがい」と「正しい手洗い」で予防しましょう。

 

 

   

 

5.部屋の湿度を保ちましょう。
空気が乾燥していると、インフルエンザウイルスや風邪細菌などは活性化してきます。お部屋は、加湿器などを使って適度に湿度を保つことが大切です。
加湿器を使っての加湿のほかに、「ストーブにやかんをかける」「濡らしたタオルを干す」「観葉植物を置く」「水の入った洗面器を置く」などの工夫で加湿お部屋の湿度を保ちましょう。

6.夜の入浴習慣をつけましょう。
体温を上げることで免疫力を高めるために、冷えて疲れた体を湯船に浸かってしっかり温めると、風邪への抵抗力を増すことが出来ます。また、入浴して1時間以内に寝るようにすると寝つきが良くなります。
 入浴後は、湯冷めをしないように注意しましょう!!

 〈記事提供〉
社会福祉法人 南東北福祉事業団
総合南東北福祉センター
http://www.kaigo-hiwada.com/


11.24 本日の記念日「進化の日」

2010.11.24(水)

11月24日は「進化の日」(Evolution Day)です。
1859年のこの日、ダーウィンの『種の起源』の初版が刊行されました。

ダーウィンについて色々調べると面白いと思います。進化論は有名だと思いますが、それ以外にもたくさんの功績を残しています。「進化の日」にちなんでダーウィンについてもう一度調べてみてはいかがでしょうか。

※進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にありますが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学会でも地質学者であるという認識が確立しているそうです。


11.22 本日の記念日「いい夫婦の日」

2010.11.20(土)

11月22日は「いい夫婦の日」です。

余暇開発センター(現在の日本生産性本部余暇創研)が1988(昭和63)年に制定しました。
「いい(11)ふうふ(22)」の語呂合せと、11月の「ゆとり創造月間」の期間中であることから制定したそうです。

「パートナー・オブ・ザ・イヤー2010」は野村克也・沙知代夫妻、佐々木健介・北斗昌夫妻の二組が選ばれたそうです。二組とも恐妻家として知られている奥様のようで、今のご時世は「かかあ天下」がうまくいく秘訣なのかもしれませんね。みなさんのご家庭ではどのような夫婦円満の秘訣があるのでしょうか?よく、「見て見ぬふり」、「言いたいことはその場で言う」などあります。私は怒る前に少し考えるようにしています。そうすると、そんなに怒る必要もないことだと思ってくるのです。野村克也・沙知代夫妻、佐々木健介・北斗昌夫妻いつまでも仲良くしているとうれしいです。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


11.17 本日の記念日「肺がん撲滅デー」

2010.11.17(水)

 11月17日は「肺がん撲滅デー」です。11月は世界的に『肺がん啓発強化月間−Lung Cancer Awareness Month−』とされています。また、「禁煙先進国」のアメリカで、毎年11月の第3週を「たばこ警告週間」にしていることから2000年の国際肺癌学会で11月17日が「肺がん撲滅デー」として国際的に制定されました。

 肺がんは「がん」の中で最も死亡率が高く、日本では肺がんで年間約6万人の方が亡くなられています。がんの死因では男性でトップ、女性では第3位です。高齢化とともに患者さんが増えていて、死亡者数も増加しているというのが現状です。また、約6割の患者さんでは「手術ができない」進行がんで見つかります。
肺がんにならないため、早期発見のために禁煙または、肺がん検診を受けてみてはいかがでしょうか。当院では禁煙外来、肺がん検診を行なっています。是非ご活用ください。

 

肺がん検診のご案内はこちらになります
http://www.kasuga-rehabili.com/k_hospital/pdf/Human_dry_dock05.pdf

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院


老健施設で紙芝居の慰問がありました

2010.11.15(月)

11月13日(土)に当施設にたびたび慰問に来て下さっている金山一長さんによる紙芝居がありました。はじめは一長さんオリジナルソングから始まり、「七五三」「はたらいているみなさんありがとう!」「まいごの子ねこちゃん」と11月の季節にちなんだお話をしていただきました。七五三の由来はご存知でしたか?知らない方が多いかもしれません。勤労感謝の日はおわかりですか?お恥ずかしいことに一長さんの紙芝居でわかりました。いろいろなるほどと思う内容なので、入所者さんだけでなく、私も紙芝居を熱心に見ていました。一長さんいつも季節に合ったお話をしていただきありがとうございます!!

 

七五三由来:
旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされ、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになりました。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになりました。

 

勤労感謝の日:
戦前11月23日は「新嘗祭」〔にいなめさい/しんじょうさい〕で農作物の恵みを感じる日でした。日々の労働に対して「農作物」という形のあるものが目に見えて返ってくることが少ない現代で、勤労の目的を再認識する日という意味がこめられているようです。

 

 

DSCF4713-1.jpg医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


ステップアップフェスティバル開催!! in 石川

2010.11.13(土)

11月14日(日)に石川町中谷自治センター(体育館)にてステップアップフェスティバルが開催されます。内容は2部構成になていまして、入場は無料となっております。県中地方の福祉事業所が多く出店しておりますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。天気も良くお出かけ日和です。

 

日時 平成22年11月14日(日)

    午前10時から午後1時

場所 石川町中谷自治センター(体育館)

ishikawa.jpg 一部

ボランティア体験発表

 「地域活動のパイプ役になるということ」(手話サークル太陽 小谷田一弘)

パネルディスカッション

「障がいのある方の就労支援の実際」 -株式会社福産建設の試み- 

 

二部

「大人JAZZ DANCE」 (eyes school of entertainment)

「よさこい踊り」 (いしかわぐんよさこい踊り隊)


避難訓練を当施設(病院・老健)で行います

2010.11.10(水)

 本日(11/10)は当施設の避難訓練が行われます。年2回避難訓練を行っております。当院はリハビリテーション施設ということで、車椅子や足の不自由な患者さんも多く、迅速・安全に避難誘導するためにも、スタッフ間の連携・的確な判断が必要です。万一、火災が発生した場合に大切な患者さんを守るため、日頃からよく話し合い、今後も訓練を重ねることが大切です。いつ避難を余儀なくされるのかわからないのでしっかりと避難訓練に取り組みたいと思います。

 冬場は暖房器具の使用頻度が高くなるため火事が多いと思いますので、ご自宅の暖房も使用する前に点検をしてから使用してください。また、消し忘れにも注意が必要です。家を出る前に少しでも心配ならもう一度家を点検した方が良いと思います。

 

yak0058-022.jpg医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


栄養マメ知識-栄養管理科より-

2010.11.09(火)

当施設、栄養管理科ページには献立紹介の他にワンポイントアドバイスが多々あります。その中からピックアップしましたのでご覧ください。

 

■麦ごはんの栄養

 『押し麦』は大麦を加熱してつぶしたもので、真ん中に黒い線が入っているのが特徴です。押し麦の栄養は食物繊維が多いこと。食物繊維は便通をよくするだけでなく、コレステロールを排出したり血糖値を抑えたりと生活習慣病予防の強い味方になってくれる栄養です。押し麦をごはんに入れることにより、少し固めの食感が噛む回数を増やし食べすぎによる肥満も防いでくれます。押し麦をごはんに混ぜる時には、米の1〜2割の量を入れると食べやすいでしょう。当院で麦ごはん提供の場合は2割の押し麦を入れています。水加減も通常より少し多く入れるとおいしく召し上がれます。

 

■鮭の栄養・選び方

 鮭には不飽和脂肪酸であるEPA・DHAが含まれ、血液の流れをよくしたり血栓をできにくくするため動脈硬化の予防に効果的です。またDHAは頭の働きをよくすることで知られていますね。鮭は捨てるところがないといわれる魚。身はもちろん、頭はかぶと煮や、氷頭なます(新潟や北海道の郷土料理。鮭の頭の部分をつかったなます:酢の物です。)あらは汁物に使うことができます。おいしい鮭の選び方はうろこが銀色でツヤがあるもの、身がしまって弾力があるものがよいでしょう。

 

■かぼちゃの栄養・選び方

 かぼちゃには、ビタミンAに変わるβカロテンが多く含まれます。Βカロテンは粘膜や皮膚の抵抗力を高めたり、活性酸素を除去する働きがあるため生活習慣病やガン予防に効果があるといわれます。かぼちゃを選ぶ時は、持った感じがずっしりと重く、ヘタの周りがくぼんでいるもの、表面の皮に色ムラがなく形のきれいなものがよいでしょう。また、固くて包丁でうまく切れない場合は、電子レンジで少し加熱すると切りやすくなります。

 

 

a1200_000027.jpg栄養管理科のページも是非ご覧ください
http://www.kasuga-rehabili.com/nutrition/home.html


ヨーガ・セラピー体験!!(地域開放教室)

2010.11.05(金)

 11月2日(火)に当院の地域開放教室で「ヨーガ・セラピー」を行ないました。最近では数回通ってきていただいてる方が増えてきています。皆勤賞の方もいらっしゃります。本当にありがとうございます。
 今回のヨーガ・セラピーを私も体験しました。たっぷり1時間ヨーガ・セラピーを行ないます。目を閉じて行いますので、周りのペースを気にせず行えるので自分の呼吸に合わせて動きを確認することができ、普段とは違うリズムがあるように感じることができます。私はセラピーを行なっている間、あくびが止まりませんでした。脳が呼吸を意識しているのかわかりませんがあくびがでます。そして私は目を閉じると涙もでます。涙に関してはヨーガ・セラピーと関係はないと思いますが、あくびは普段の酸素不足が原因ではと言われました。酸素不足を今回のヨーガ・セラピーを行なうことによって徐々に解消できたように感じます。翌朝の目覚めは快適できた。
 最後は瞑想を3分間行います。今回は「幸せに感じること」を瞑想しました。幸せ…、人それぞれ幸せは違うとは思いますが、私は今こうして生活出来ていることが幸せと感じます(普段は考えてもみませんでしたが)。普段の小さい幸せが本当は一番大切な幸せではないでしょうか。みなさんにとって幸せとはなんでしょうか?また幸せに思うことはなんでしょうか。簡単なようで色々考えさせるものではないでしょうか。みなさんも幸せについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

DSCF4592-1.jpg医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


ヨーガ・セラピー開催!! 南東北春日リハビリテーション病院

2010.11.02(火)

 本日、当院にて地域開放教室「ヨーガ・セラピー」を行ないます。インド政府公認(社)日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士資格を取得している講師の畑寿子先生に指導していただきます。難しいポーズもありませんので、体操着などに着替える必要もなく、初めての方でも気軽でき、足腰が弱っている方でも無理なく行えます。また、目をつぶって行いますので、まわりを気にすることなく、自分のペースで行うことができます。心と体をリフレッシュしましょう。参加費は無料となっております、多数のご参加お待ち致しております。

 【ヨーガ・セラピーとは?】
インドの伝統的なヨーガの智慧・行法に基づき科学的に研究されたヨーガ技法がヨーガ療法です。
日本国内においても一般社団法人日本ヨーガ療法学会が研究臨床を実施しており、広く一般の人々や心身症の人々の健康促進に、又ストレスマネジメントとしてもスポーツ選手や会社内の研修にも効果をあげています。ヨーガ療法は肉体の健康だけでなく、全人格的な健やかさを目指す心理療法でもあるからです。
ヨーガの哲学では、呼吸は心と肉体の架け橋と言われています。心が乱れれば、呼吸が乱れ、ひいては肉体に影響を及ぼします。
そして心の健やかさ、穏やかさは、内なる癒しの力(治癒力/健やかな免疫の力)を引き出してくれます。
目を閉じてゆっくりとした呼吸とヨーガ療法の動きの中で心が静まってきます。ポーズを作ることが目的のようなヨーガ体操と異なり、どなたでもできるのがヨーガ・セラピーですので、全国の老人福祉施設や障害者施設でも多用されています。


DSCF4455-1.jpg11月のヨーガ・セラピー
11月2日(火) 午後3時〜4時
11月17日(水) 午後5時30分〜6時30分

ヨーガ・セラピーご案内
http://www.kasuga-rehabili.com/blog-files/yoga_11.pdf


11.1 本日の記念日「灯台記念日」

2010.11.01(月)

早いものでもう11月になってしまいました。残すところあと2ヶ月です。みなさんは年初に立てた目標はありましたか?その目標は達成しているでしょうか?私の目標達成はぎりぎり年末に達成するかどうかの瀬戸際です。

 さて、11月1日は何の記念日があるでしょうか。調べてみたら様々な記念日がありましたが、気になったものを紹介します。11月1日は「灯台記念日」です。海上保安庁が1949(昭和24)年に制定!!1869(明治元)年のこの日、神奈川県横須賀市に日本初の洋式灯台である観音埼灯台が起工されました。

 制定当初は、洋式灯台の導入が文化の先駆けの意味が強かったことから、11月3日の文化の日に先駆けて1日を記念日としたとされていました。しかし、1970(昭和45)年の『灯台百年史』の編纂の時に、観音埼灯台の起工日が11月1日であったことが判明し、これが灯台記念日の日附の由来とされるようになりました。海上保安庁でも「文化の日先駆け説」と「観音埼灯台起工日説」の両方を併記して広報して来ましたが、後者の方が一般的に紹介されるようになってたことと、1948(昭和23)年に灯台80周年記念行事が行われていたことが判明したことから、2000(平成12)年より、由来を後者のみとし、実施回数も明治元年からの通年表示とすることになったそうです。

 記念日を決めるのも色々大変ですね。みなさんの記念日も大変なことはありませんか?私は手帳に書いておかないと忘れてしまいます。記念日は大切にしてください。

 

  yun_4565.jpg医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
事務 M


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008