春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
肩こり原因と予防法!

2013.12.30(月)

肩こりとは簡単に言うと筋肉が緊張しきった状態であることです
生活する上で常に筋肉は働いています。常に身体が動くことが望ましいですが、長時間同じ姿勢を保っていることが多々あります。
そのような時に緊張しきった状態が続くと筋肉の血行が悪くなります。
その状態では酸素や栄養が不足し、老廃物が蓄積されることで肩こりがおこります。

katakori_woman.png

原因は?                          
(1)目の使い過ぎ
目を酷使することは肩こりの悪化につながります。
仕事やプライベート問わずパソコンを触るなど細かな作業を続けることにより首筋から肩にかけて血行が悪くなり筋肉がかたくなっていきます。

(2)姿勢のゆがみ
片手で頭を支える。両肘で体を支える。足を組むこともよくありません。
悪い姿勢を続けていると背骨のゆがみに影響を与えることもあります。

(3)ストレス
ストレスはもっとも厄介で、溜めこんでしまうことで無意識のうちに緊張しきってしまいます。
日ごろの緊張を解いて身体の各部を休ませてあげることが大切となってきます。

 

こりやすくなる姿勢                      
姿勢が歪んでいると不自然な体制から無理がかかる箇所が出てきます。
その結果がコリとなります。
立つ、座る際にもいえますが、背筋を伸ばすようにしましょう。
胸を張った姿勢は、周りから見ても見栄えがよいことや、前後左右にもバランスがいいことで肩がこりにくくなります。
猫背の方などの場合は、市販の矯正用ベルトにて正しい姿勢へ修正していくことが大切です。

 

良い座り方                        
デスク周りで使用されるチェア(事務チェア)のほとんどは高さを調節できると思いますので、自分に合った高さへ調節します。
適切な高さは、かかとが地面に着いた状態で、ひざが直角になる位置です。
裸足の場合とスリッパや靴を履いた場合では適切な高さが違ってきますので、履物の高さを踏まえたうえでベストな位置に調節しましょう。




肩こり予防ストレッチ                   

1.肩甲骨周辺の筋肉を伸ばすストレッチ
 (1)椅子に座った状態で両腕を頭の上で組みます
   

肩こりストレッチ1.jpg
 (2)腕を組んだまま、身体を横に倒します。
    肩こりストレッチ2.jpg
 (3)そのまま、深呼吸を3回します。
 (4)反対側も同じように行ってください。

2.肩甲骨周辺の筋肉を柔らかくするストレッチ
(1)椅子に深く腰掛け、方に手をおきます。
   

肩こりストレッチ3.jpg

(2)腕全体を前から後ろに向かって5回ほど回します。

   肩こりストレッチ5.jpg

 (3)後ろから前も同様に行ってください。

   肩こりストレッチ4.jpg


<相談を受け付けています>

〇この症状なら何科を受診するの?

〇受診すべきかどうか分からない・・・

など、病気や施設利用などのご不明な点等あれば、

春日のなんでも相談室へご連絡ください。

メール、電話で受付中です。

こちら⇒ 春日なんでも相談室


受診をご検討なら、南東北春日リハビリテーション病院まで!

外来診察担当医表はこちら



市民健康教室「検診の受け方」

2013.12.28(土)

12月の健康教室、「検診の受け方について」が開催されました。
日本人の死因第1位ともなっているがんは、早期に発見し早期に治療を行うことが大切なのは、皆さんご存知ですよね。
でも、実際どんな検査をすればいいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。

今日の健康教室では、全身のがんの早期発見に大きな効果のある、PET検診の紹介を、本院のスタッフよりご説明させていただきました。

DSCF0736_R.jpg

DSCF0737_R.jpg

PET健診は、全身をスキャンすることで、一度に全身のガンの有無を調べることができます。

撮影

<PET健診の特徴>
1.寝ているだけで、全身を検査!
2.胃カメラやMRI、CTなど臓器の形から腫瘍の有無を検査する従来の検査法と異なり、細胞の代謝を調べるので、早期発見が可能
3.疑っている箇所だけでなく全身を検査することで、予期せぬ転移や再発も発見できる!

このPET健診は、本院である総合南東北病院で受けることができます。
詳しくは、以下の公式ホームページをご覧ください。
http://www.minamitohoku.or.jp/patients/treatment.html

 

次回の市民健康教室は、以下のとおりで開催いたします。
日時:平成26年1月9日(木) 午後3時〜4時
場所:5階会議室
テーマ:「良眠のすすめ」
講師:総合心療内科  樋口健弥医師

予約・参加料など一切不要です。
ぜひご参加ください❤


あきんどまつりに参加しました★

2013.12.28(土)

当院では、毎月第4土曜日、須賀川市中心部で行われる「あきんど祭り」に参加し、健康チェックを行っています。
内容は、血圧測定と骨密度測定と、血管年齢測定
無料でできるので大変好評で、この健康チェック目当てであきんど祭りにいらっしゃる方も少なくないほどなんです。

DSCF0742_R.jpg

今日は、今年最後のあきんど祭りということもあり、お楽しみ抽選会を行っていました。

DSCF0746_R.jpg

DSCF0748_R.jpg

豚汁の無料配布などもあり、会場は大変盛り上がっていましたよ♪

DSCF0744_R.jpg

私たちの健康チェックブースにも、沢山の利用者さんがいらっしゃいました。
寒い中ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

次回の健康チェックは、冬季休業をいただきまして4月26日(土)となります。
あきんど祭りは1〜3月中も行っていますので、ご興味ある方はどうぞ行ってみてくださいね!


出前講座「転倒予防」!

2013.12.27(金)

本日、東北電力須賀川営業所にて、当院の出前講座が行われました!
テーマは「転倒予防について」。
講師は毎回楽しいと好評の理学療法士、平野雄三がつとめました。

DSCF0710_R.jpg

DSCF0715_R.jpg

今日お集まりいただいたのは、主に電気使用メーターの検針を行っている皆さん。
1日2万歩ほど歩く方々だそうで、歩数は十分歩いているものの、雪の季節など転倒することがよくあるそうです。
今回は転倒を予防するにはどうすればよいか、興味深く聞いてくださりました。

転倒で一番怖いのは、けがをすることではなく、歩くことに臆病になってしまうことだそうです。
一度転ぶことで「こんなところで転んでしまった」、「また仕事に復帰できるだろうか」という不安が生まれ歩かなくなり、さらに筋力が弱ってまた転倒する、という悪循環が生まれることがあるそう。
一度転んでケガをしても、再び元気に歩き出せる体力と、余裕をもった気持ちを普段から養うことが大切なんですね。

さて、健康教室の最後には、みんなで転倒予防体操を行いました!

DSCF0729_R.jpg

DSCF0734_R.jpg

二人一組で体を大きく使ってストレッチ♪
私たちも、とても楽しい時間を過ごすことができました!ありがとうございました。

 

当院では、いつでも出前講座のお申し込みを受け付けています。
おひとりからでも結構です!
ぜひお気軽にお問合せください。

お申込み・お問い合わせは・・・
南東北春日リハビリテーション病院
0248-63-7299まで!


未来館ニュースに掲載されました!

2013.12.26(木)

福島県男女共生センターが発行する広報誌『未来館ニュース』に、当法人のイクメン企業アワードグランプリ受賞についての記事が掲載されました。

福島県男女共生センターとは、性別の違いにより行動や生き方を狭められたりせず、男女共に責任を担う社会「男女共同参画社会」の実現を目指して様々な活動をしています。
当法人が獲得した「イクメン企業アワード」は、男女の別なく育児参加を積極的に支援する企業を表彰する制度です。

イクメン企業アワードとは?
http://www.kasuga-rehabili.com/kurumin07.html?log_no=undefined#undefined

先月男女共生センターの武藤さんが、グランプリ獲得に関する取り組み内容や成果などについて取材にいらっしゃいました。

DSCF0135_R.jpg
▲取材の様子

掲載されたのは、「未来館ニュースNo.49」の8ページです。

20131226 ikumenmiraikannews.png
▲掲載ページ(クリックするとPDFファイルが開きます)

 

未来館Newsは、県内の行政機関・学校・図書館などで無料配布されているほか、ホームページでも閲覧することができます。

福島県男女共生センター公式ホームページ
http://www.f-miraikan.or.jp/pub/top.aspx

未来館News閲覧サイト
http://www.f-miraikan.or.jp/news/index.html

 


高齢者の不眠について

2013.12.25(水)

日々の生活は、覚醒と睡眠、活動と休息が対になり、一定のバランスをもって繰り返されることにより成り立っています。
特に質の良い適当な睡眠は、人間の心身の健康、そして生命の維持に欠かせないものです。
睡眠のリズムには個人差がありますが、一般的に高齢者は夜早く眠るものの、睡眠が浅く、悪くなる傾向があります。
不眠を訴えることも多くなるため、まず不眠の原因を探り、その原因を取り除いていくことが、質の良い睡眠の基本です。

obaasan_bed_R.png

<安眠のための具体的な方法>                   

(1)日中の活動を多くする
夜間の安眠のためには、日中に十分に体を動かし、規則的なリズムある生活パターンを確立することが大切です。
特に高齢者は、日中の活動時間が少なく、つい居眠りをするなどして、夜間に不眠になるという悪循環に陥りがちです。
たとえ寝たきりや心身の障害によって活動が制約されている場合でも、日中にはできる限り離床を勧めるようにします。

(2)就寝前の安眠対策
入浴・足浴・半身浴
 入浴には1日の疲労をとり、気分を爽快にする効果がある。また適度な疲労感を与え、睡眠に入りやすくする効果もあり、寝つきをよくする。
 入浴ができない場合は、半身浴によって足や下半身を温めるだけでも入浴に近い効果が得られる。

水分摂取量の調節
 頻繁な尿意によつて夜間の覚醒が多い人の場合は、夕方からの水分補給を少なめに摂取するなど工夫する。
 このような場合は、昼間のうちに1日に必要な水分量を確保することが必要になってくる。

カフェインを含む嗜好飲料は、就寝前は避ける
 コーヒー・紅茶・緑茶などカフェインを含む嗜好飲料は、神経を興奮させる。

室温を適度にし調節し、騒音は排除する

  20131225_suimin.jpg


食事介護について

2013.12.24(火)

食事の介護方針                               
食事は体に必要な栄養素やエネルギーを補給し、生命維持の源となる重要なものです。
また、日常の楽しみとしても欠かせないものです。
介護に携わる際には、次の3つのポイントにおきましょう。

1.可能な限り自分で食べられるように援助する。

2.口から食べられるように工夫する。

3.心理的、社会的、文化的欲求が満たされるように援助する。

roujin_food_woman.png

 

咀嚼と嚥下のしくみ                            

食物は、舌や歯によって咀嚼(かみくだくこと)され、口腔を通って、喉から食道へと飲み込まれ(嚥下)ます。このとき、普段は外部に開かれた状態にある口腔、鼻腔、気管が閉じて、食物が紛れ込まないようになっています。これから一連の筋肉の動きは神経が支配しており、嚥下反射といいます。

 

20131224-enngenonagare.png

 

誤嚥を防止する食事の介護                      

誤嚥とは?
飲食物の一部が気道に入ること。誤嚥が習慣化すると誤嚥性肺炎を引き起こすこともある。また、誤嚥により、呼吸困難や窒息をおこし死亡することもある。

嚥下障害は、嚥下機能に障害をきたし、飲食物をうまく飲み込めないという症状で、脳神経系の疾患や老化に伴う嚥下反射の低下が原因で生じます。
このほかに、加齢による唾液の分泌低下や食道の運動機能の低下が原因で生じます。
認知症、口腔・咽頭の疾患が原因となることもあります。

嚥下障害があると、むせて本人が苦しむほか、誤嚥性肺炎や窒息などの危険もあり、口から食べることに、臆病になりがちです
介助にあたる際には、本人の不安や恐怖感を十分理解し、安心して口から摂取できるように配慮する必要があります。

 

 

飲み込みやすい食品、嚥下困難を誘発しやすい食品      

<飲み込みやすい食品>

・プリン状の食品(プリン、卵豆腐など)
・ゼリー状の食品(ゼリーなど)
・マッシュ状の食品(ポテト、カボチャ)
・とろろ上の食品
・粥状の食品
・乳化状の食品(ヨーグルトなど)

<嚥下困難を誘発しやすい食品>
・スポンジ状の食品(カステラ、凍り豆腐など)
・練り製品(かまぼこ、ちくわなど)
・口の中に粘着する食品(わかめ、のり、餅など)
・その他(大豆、ゴマ、こんにゃくなど)

 

誤嚥を防止するための工夫                      
1.飲み込みやすい食品を用意する
 →栄養士と相談し飲み込みやすい食品を用意する。
2.調理方法の工夫
 →とろみをつけたゼリー状にするなど調理法にも工夫する。
3.食事の際の姿勢
 →姿勢は座位で頭部と体感をわずかに前に傾ける。
  座位ができない場合は、腰に枕を当てるなどして可能な限り上半身を起こす。
4.食事介助方法
 →むせてしまわないよう、食事前に口腔内を湿らせた唾液の分泌を促す。

 

 



ヤフーニュースに掲載!

2013.12.24(火)

ヤフーニュースに、当法人の男性社員の育児参加支援に関する取り組みが、雑誌「女性自身」の記事を通じて掲載されました。

当法人の男性社員の育児参加支援について(イクメン企業アワードとは?)

Yhoo記事
育休推進企業で「イクメンが職場にもたらすメリット」とは?
↑クリックで記事へ飛びます

当法人が、東京の花王さんと共に、「イクメン企業アワード」の初代グランプリを獲得したことで、どんな取組をして、どんな効果が得られたのか、掲載されています。
ぜひご覧になってください!


利用者さんによるクリスマスコンサート

2013.12.21(土)

本日午後3時より、2階通所リハビリテーションにて当施設をご利用のKさんによる、クリスマスコンサートが開かれました。
2階通所リハビリテーションには、コンサートを楽しもうと沢山の利用者が集まり、お部屋の外にもあふれました。

DSCF9194_R.jpg

DSCF9196_R.jpg

あでやかなピンクのお衣装がお似合いのKさんは、なめらかな指の動きで、美しいピアノ演奏を披露してくださいました。

<クリスマス演奏会プログラム>

1.ホワイトクリスマス

2.おめでとうクリスマス

3.ブルークリスマス

4.ウインターワンダーランド

5.そりすべり

6.プレリュード第一番

7.めぐり逢い

8.君の瞳に恋してる

9.To love you more

10.愛の賛歌

11.蒼いノクターン

12.蒼い影

13.イン・ザ・ムード

14.主よ人の望みの喜びよ

15.涙のカノン

16.星に願いを

17.別れの曲

どれも皆さん1度は耳にしたことのある馴染みのある曲で、Kさんの気持ちを表すかのような優しい音色に、じっくりと聞き入っていました。
演奏の最後を飾るのは、美空ひばりさんの川の流れのようにの大合唱!

DSCF9201_R.jpg

コンサートに参加できて、ご利用の皆さんもとても楽しそう!

DSCF9203_R.jpg

そして2階通所のスタッフから、素敵な演奏をプレゼントしてくださったKさんへ、お礼の花束が。

DSCF9206_R.jpg

こうしてやすらぎのひとときをくださるのは、ご利用の皆さんにとっても、スタッフにとっても大変うれしいものですね〜(*´∀`)/
心癒される、楽しいコンサートをありがとうございました!
またぜひ、聴かせていただきたいですね

 

 


トランス脂肪酸の危険性

2013.12.21(土)

これまで、なんの根拠もなしにバターは動物性、マーガリンは植物性だから、バターは体に悪くてマーガリンは体に優しいなどという俗説がまかり通っていました。
それをいまだに信じている人が沢山いらっしゃると思います。

food_toast.png

マーガリンに含まれる危険物質、トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸である植物油に“水素添加”をして飽和脂肪酸へ転換する際に、飽和脂肪酸にならなかった異分子です。
トランス脂肪酸は、がんや虚血性心疾患を引き起こすことが確認されています。
トランス脂肪酸の危険性には次のようなものがあげられます。

(1)細胞膜の性質を変化させる。

(2)酵素の働きを妨害する。

(3)85,000人の看護師の調査で、トランス脂肪酸の摂取が多い人ほど心臓病が多かった。

(4)LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らす。

(5)筋肉細胞を変化させ、肥満を招く。

(6)脂肪細胞の大きさ・数に変化を与える。

トランス脂肪酸はマーガリン、ショートニング、クリームポーションの製造時に発生します。
マーガリンの別名は「食べるプラスチック」。
10年たっても腐らないし、カビも生えません。繰り返し加熱された天ぷら油にもトランス脂肪酸は発生します。

 

<水素添加の理由>                              
ラードは飽和脂肪酸であり、常温で固形が多い(魚油は常温で液体)。植物油は不飽和脂肪酸であって、常温では液体。この不飽和脂肪酸に水素を添加して飽和脂肪酸に変えます。
すると、参加予防ができて製品の日持ちがよくなります。
しかし水素添加によって、トランス脂肪酸も生み出されてしまいます。

<水素添加された植物油>                           
〇ショートニング
 業務用無塩マーガリンのことで、無塩バターの代用品です。

〇クリームポーション
 ミルクもどきの食品で、缶コーヒー・紅茶に使用されます。(クリープ以外のミルクもどきのポーション)

 

<野放しのトランス脂肪酸>                           
FDA(米国食品医薬品局)は、2年前にトランス脂肪酸含有率が0.1%以上の製品の生産・販売を禁じました。
日本のマーケットで販売されているマーガリンのトランス脂肪酸含有率は最大13.5%です。
米国のマクドナルドは、トランス脂肪酸フリーの油を使わず、和解金9億円を支払いました。

<驚異の食品マーガリン>                            
この食品は、窓際に何年置いても光・空気・自然にある最近その他にさらしても少しも変化しません。
カビも生えないし、昆虫が卵を産み付けることもなければ、ネズミが食べることもゴキブリが寄ってくることもありません。

日持ちの良い食品として過程で使用されているサラダ・天ぷら油にも水素が添加されたものが流通しています。
新品でもトランス脂肪酸は含有されています。
比較的にトランス脂肪酸が少ないのは米油と言われています。

 

 

 


いきいき友和会さんからお礼状が届きました

2013.12.19(木)

先日慰問にいらっしゃってくださった、「いきいき友和会」のみなさんから、お礼状が届きました。
大変ご丁寧なお礼状に、こんな素敵な絵手紙が入っていましたよ!
慰問当日はトーンチャイムという楽器でみんなで音楽を奏でたり、うたったり踊ったり…楽しいひと時でした。

DSCF0155_R.jpg

先日の慰問の様子はこちら

↓いただいた絵手紙

20131219  etegami.jpg

いきいき友和会のみなさんにとっても、大変楽しい思い出にしていただけたようで、また慰問にいらっしゃっていただけるようでした。


クリスマス会〜須賀川高校合奏〜

2013.12.19(木)

午後のクリスマス会は、職員の出し物からスタートしました!
まずは、病棟チームから!
ミニスカートのサンタさんが、かわいく踊ります(*´∀`)/
左にガチャピンがまざっているような気がしますが・・・気のせいでしょうか!?

DSCF0609_R.jpg

DSCF0613_R.jpg

次は、リハビリテーション科の出し物です。

DSCF0619_R.jpg

南中ソーランのよさこい演舞です。

そして最後は老健の出し物へ。
大きなパンダさんと、いま話題のあまちゃんが登場!

DSCF0623_R.jpg

そしてマツケンサンバの音楽で、「あまちゃんサンバ」を踊りました❤

DSCF0627_R.jpg

すると、マツケンも登場!

DSCF0629_R.jpg

DSCF0642_R.jpg

これには利用者さんも大笑い!
トナカイのツノとひょっとこの新種の生物もまじってますね。(* >ω<)=3 

 

そしてクリスマス会メインイベントへ・・・
須賀川高校合唱部・吹奏楽部による合奏です。

DSCF0648_R.jpg

合唱部はもろびとこぞりてなど美しい歌声を披露。

DSCF0656_R.jpg

吹奏楽部は「恋人たちのクリスマス」などを披露。
最後はアンコールが2階も利用者さんからあがり、なんども応えて演奏してくれました(o´・∀・`o)

今回慰問にいらっしゃってくださった須賀川高校吹奏楽部・合唱部のみなさんは、来週の月曜日、高校体育館にてクリスマスコンサートを行います。
鑑賞は自由ですので、皆さんぜひ足をお運びください。

 

<須賀川高校 クリスマスコンサート>

とき:平成25年12月23日(月) 13時開場、13時30分開演
場所:須賀川高校 体育館(場所は
こちら
内容:アンサンブル、合唱部の発表、クリスマスソングなど
※駐車場は数に限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。

 

 


クリスマス会〜和田幼稚園交流会〜

2013.12.19(木)

毎年この時期になると、医療法人社団三成会 南東北春日リハビリテーション病院では、クリスマス会が行われます。
今年も午前の部と午後の部に分かれ、利用者さん、患者さんに喜んでいただくため楽しいクリスマス会が行われました。

午前の部は、和田幼稚園の子供たちによる交流会です。

DSCF0574_R.jpg

園児32名が寒い中歩いていらっしゃいました♪

DSCF0578_R.jpg

まずは、「昆虫太極拳」!
太極拳の音楽にのせながら、様々な昆虫の真似をして踊ります。

DSCF0584_R.jpg

次に、「くろねこのロックンロール」の曲で、子供たち手作りのギターをシャカシャカならします。

DSCF0591_R.jpg

最後に、「ともだちのうた」を歌ってくれました。
利用者さんも子供たちの純粋な気持ちの贈り物に、涙を流して感動していました。

DSCF0594_R.jpg

また今年は、大きなプレゼントも!
子供たちみんなで作った、サンタさんの切り絵をくださいました❤

DSCF0597_R.jpg

すると・・・元気いっぱいの素敵な歌と踊りをプレゼントしてくれたみんなを訪ねて、サンタさんがやってきました!

DSCF0600_R.jpg

子供たちひとりひとりに、プレゼントを手渡して、無事クリスマス会は終了しました。

 

ご利用者さん、患者さんも子供たちの慰問はひときわ楽しみらしく、大変喜んでいました。
子供たちの元気なパワーはやっぱりスゴイ!

DSCF0605_R.jpg

いただいた切り絵は、2階通所リハビリテーション前に飾ってあります。
当日のクリスマス会の様子もご覧になれますので、ご利用の方はぜひ足をとめてみてください。

 

 

 


変形性膝関節症って?

2013.12.18(水)

どんなものでも長い間使用していると、動きが悪くなったり何らかの不調がでます。
私たちの身体も例外ではなく、新陳代謝が次第に穏やかになって、様々な器官に長年の国司の影響が出て機能が低下します。
激しい痛みを伴う「変形性膝関節症」も膝への長年の酷使から引き起こされる病気で、中高年での発症が非常に多い病気です。

 

膝のしくみ                         

膝関節は歩く、走る、ジャンプする、といった複雑な動作を行いながら体重を支えます。
このため膝には非常に大きな負担がかかっています。どの関節も骨と骨の間に入って「曲げる」「伸ばす」などの動作をコントロールしています。膝関節はこの一般的な動きに加え、立ったり、歩いている時に「体重を支える」という、きわめて重要な役割を持っています。
膝関節には身体の中でも最も長い「大腿骨(ふとももの骨)」と二番目に長い「脛骨(すねの骨)」それにお皿と呼ぶ「膝蓋骨」の3つの骨があります。
そして、これらの接触面をきれいに覆っているのが「関節軟骨」です。

20131217 hiza.jpg

関節軟骨は、豊富な水分のヒアルロン酸などのうるおい成分を含んだ弾力性のある構造になっていて、これで骨同士の摩擦がなくなり膝滑らかに動かせるのです。
さらに膝関節が動くたびに滑膜から関節液が分泌されてうるおしています。
そのほか、骨同士のぶつかる衝撃を支える大体四頭筋があって膝関節が構成されています。

 

 

変形性膝関節症とは                    

 

この病気が中高年に多いのは、長年の酷使に対して膝がその負担に耐えられなくなったことが原因です。
症状のはじまりは、関節軟骨の摩耗です。
摩耗によって軟骨のかけらが滑膜を刺激するため炎症が起こり痛みが引き起こされます。
延焼した滑膜は晴れて厚くなります。
これがさらに進行すると滑膜から関節液が大量に分泌され関節周辺に溜まってしまいます。(俗にいう水が溜まった)
関節軟骨が更にすり減ると骨と骨とが直接こすり合うようになり、激しい痛みが起こります。
骨が変形してトゲのような形(骨棘)になります。
半月板も摩耗するなど関節自体が変形してしまいます。症状が進むにつれて痛みも強まり、普通に歩行できなくなります。

20131218--hiza2.png

 

その治療とは?                       
診断には問診・視診・触診・X線検査などが行われます。変形性膝関節症と診断されれば進行度によって治療が異なりますが、基礎となるのは
(1)膝の負担を減らすための体重コントロール(減量)
(2)膝を支える大腿四頭筋の強化
です。
そして保存療法(手術せず、薬物療法、物理療法、運動療法、装具療法)か
滑膜切除術などの手術療法が行われます。
いずれにしても、初期症状は、朝起きて歩き出した時の膝の違和感だ、といわれます。痛みを感じたらすぐ整形外科を受診しましょう。

 

 


クリスマスイルミネーション★

2013.12.18(水)

当院は毎年この時期になると、クリスマスイルミネーションで飾り付けられます。
今年も大きなツリーやトナカイがお目見えです!

DSCF0560_R.jpg

エントランスをくぐると左に、天井に届きそうな大きなツリーが!
てっぺんの大きな星がとっても綺麗★

DSCF0564_R.jpg

DSCF0569_R.jpg

病院前の大きな道路に面したイルミネーション。
通り過ぎる皆さんの目を楽しませています。

DSCF0563_R.jpg

病院の裏側には、またまたトナカイが♪
DSCF0571_R.jpg

待合室の大きな窓から見ることができます。
とっても綺麗ですよね♪


寒い中いらっしゃるご利用者さん、患者さん、そして入院・入所中の皆さんに、クリスマス気分を味わっていただけたら嬉しいです♪


クリスマスケーキ作り★

2013.12.17(火)

あと8日で、クリスマスですね。
私は毎年この時期になると楽しみでそわそわしてしまう頃ですが・・・今日老健ユニットでは、利用者さんによるクリスマスケーキ作りが行われました。(*´∀`)/

 

生クリームを泡立てて・・・

IMG_3511_R.jpg  

スポンジにたっぷりのせたら・・・

IMG_3518_R.jpg

スポンジの間にもみかんといちごを隙間なくのせて・・・

IMG_3520_R.jpg

上にもデコレーションして完成★
カラースプレーやトナカイの飾りもクリスマスらしくてGOOD❤(o´・∀・`o)
利用者さんのセンスが光る、かわいくておいしそうなケーキですね!

IMG_3523_R.jpg

口に生クリームをつけながら、仲良くみんなで分け合って、楽しく食べました♪

当介護老人保健施設では、季節にあったイベントやレクリエーションを豊富にご用意して、皆様のご利用をお待ちしております。

 

 


頭痛、タイプ別解決法!

2013.12.17(火)

「頭痛もち」は沢山いますが、人によって痛む場所や痛み方は異なります。実は慢性頭痛は大きく分けて3タイプあるのです。あなたの痛みはどのタイプですか?

 

virus_zutsuu.png

 

緊張型頭痛                        

頭が重く、圧迫されているように痛む。肩こりもある。

この3タイプの中でも最も多いのが、緊張型頭痛。ストレスや疲労が影響し、首の緊張や眼精疲労が加わって起こる頭痛です。頭が締め付けられたように感じ、主に後頭部が重くなります。また、同時に肩こりの悩みも抱えている人が多いようです。

 

<対策>

緊張型頭痛の大きな原因のひとつに、後頭部・肩の筋肉の緊張があげられます。対策としては、後頭部・肩を蒸しタオルなどで温めたり、体操をすることで緊張をほぐし、血行を促進することが効果的です。

 

片頭痛                             

こめかみのあたりがガンガン痛む!仕事が手につかない!

次に多いのが、片頭痛。片側から両側のこめかみのあtりがズキンズキンと振動するように痛みます。なぜか母親から娘に遺伝するといわれ、4対1の割合で女性に多い頭痛です。


<対策>

片頭痛の治療で大切なことは、まず、頭痛の引き金になる誘因を避けることです。たとえば、日ごろからストレスを溜めないようにすること、また、経口避妊薬やホルモン剤を避けること、頭痛を誘発する食物を避けることなどがあげられます。
頭痛があるときに一眠りすると、痛みが和らぐ場合があるので、睡眠も片頭痛の治療法の一つとして重要です。

 

群発頭痛                             

目をえぐられるような痛み。じっとできずに暴れだすことも!

3つの頭痛なかでは最も少ないのですが、一番激しく痛むのが群発頭痛です。20〜30代の男性に多い頭痛です。この頭痛は、「片方の目に槍を突き刺してぐりぐりとかき回すような痛み」などと表現する方が多く、緊張型頭痛や片頭痛の比ではないといいます。

<対策>

純度100%の酸素を吸入すると、痛みが軽減する人もいます。携帯用の小さな酸素ボンベでは、濃度が濃くないので効果がありません。したがって、医療用の、純度の高い大きな酸素ボンベを使うことになります。ですから、医師の指示に従って吸入する方がいいということになります。

 

予兆なくくることがほとんどの頭痛なので、正しい対策法を知ることはとても大事なことですよね。
もし自分の対策だけでは不十分な場合は、頭痛を投薬や神経ブロックの方法で解消する診療科をご紹介しておりますので、ぜひ当院を受診してください。


イクメン企業アワード祝賀会

2013.12.16(月)

当法人は、男性の育児参加の支援に積極的として、厚労省より、「イクメン企業アワード」の初代グランプリを獲得しました。

イクメン企業アワードとは?(←詳しくはこちらをクリック★)

この度授賞のお祝いが郡山市のホテルハマツで開かれ、多くのグループ関係者、お世話になった皆様約200名にご出席いただきました。

DSCF0330_R.jpg

会場に、「イクメン企業アワード グランプリ」の賞状とトロフィーが飾られました。

DSCF0341_R.jpg

会場の様子

DSCF0350_R.jpg

医療法人社団 三成会 理事長 渡邉一夫 より、ご挨拶。

DSCF0381_R.jpg

福島労働局長 河合智則様より、ご挨拶をいただきました。

DSCF0402_R.jpg

須賀川市長、橋本克也様よりご挨拶をいただきました。

DSCF0421_R.jpg

参議院議員 民主党政審会長 増子輝彦様よりご挨拶いただきました。

DSCF0451_R.jpg

会場では、大きな3つのスクリーンにて、三成会の仕事と家庭の両立支援に関するこれまでの取り組みや、春日ホスピタウンを紹介する動画が流されました。

動画をご覧になりたい方はこちら

DSCF0459_R.jpg

DSCF0473_R.jpg

そして、元気な春日ホスピタウンの職員紹介も兼ねて、春日の「南東北グループ よさこい大会」で上位入賞を果たしたよさこい演舞を披露しました!

このイクメン企業アワードは、全国区での表彰制度です。
全国区で男性の育児参加支援が1番であると表彰されたことを励みに、医療法人社団 三成会はこれからも、全国の良きモデルとなれるよう努力していきます。


この時期注意!感染性胃腸炎!

2013.12.16(月)

感染性胃腸炎は主にウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎です。

冬場に流行し、症状は下痢や嘔吐、腹痛や発熱です。

 

virus_syokuchudoku.png

 

○原因となるウイルス

ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどです。

ロタウイルスやアデノウイルスによる胃腸炎は乳幼児に多くみられます。

 

 

○潜伏期間と症状

 潜伏期間は12

 症状:下痢・嘔吐・嘔気・腹痛・発熱(37℃台が多い)

ノロウイルスの場合通常12日で症状はおさまりますが、免疫力の低下した  高齢者では症状が長引く場合があります。

 

 

○原因と感染経路(ノロウイルスの場合)

kaki.png

(1)カキなどの二枚貝を不十分な加熱で食べることにより感染。

(2)ウイルスに感染した人が用便後の手洗いが不十分なまま料理をし、その料理を食べて感染。

(3)ウイルスに感染した人の嘔吐物の処理が不十分で、ウイルスが乾燥して舞い上がり直接人の口から取り込まれ感染。

 

 

○治療

 感染性胃腸炎には特別な治療法はありません。症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。乳幼児や高齢者では下痢や嘔吐により脱水症状をおこすことがあります。早めに医療機関を受診しましょう。また、安易に下痢止めを服用すると病気の回復を遅らせることがあるので、使用しないようにしましょう。

 

 

○予防(ノロウイルスの場合)

(1)カキなどの二枚貝の生食を控え、加熱する時は中心部まで火をとおしましょう。(ノロウイルスは851分間の加熱で死滅                                                                          

(2)感染した人の嘔吐物や便からの感染を防ぐために、便や吐物を処理する時にはマスクや使い捨て手袋を使用しましょう。

・吐物等を処理する際、拭き取った布や使用した手袋を捨てる場合にはビニール袋に入れしっかりと口をしばりましょう。(ウイルスが広がるのを防ぎます)

・吐物により汚染された場所は次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)で消毒しましょう。

・処理後はしっかりと手洗いをしましょう。

(3)手洗いをまめに行いましょう。

 外から帰ったあと、用便後、料理をする前、食事前には手洗いをしましょう。

 

 

〇家庭での消毒薬の作り方

水500mlに対しハイター10ml

(ノロウイルスによる嘔吐物で汚染された場所を消毒する場合)                                                               

10mlはペットボトルのキャップ2杯分です。

*金属は腐食するため、10分程経過したら水拭きをして下さい。

*手洗いには使用しません。皮膚が荒れてしまいます。

 

 

私は、台所に常にハイターを薄めた消毒液を常備して、魚を取り扱った時に拭くようにしています。

みなさんも、正しく予防して安心してお正月を迎えましょう!

 


第三保育所交流会

2013.12.13(金)

12日、第三保育所から小さなかわいいサンタさんが、当院へやってきました。
ご利用者・入院患者さんみなさんに、歌と踊りで元気をおすそわけしにいらっしゃってくださったんです。

DSCF0505_R.jpg

第三保育所の桜井先生から、ご挨拶が始まると・・・

DSCF0511_R.jpg

かわいいサンタさん23名が、踊りながら登場!

DSCF0515_R.jpg

元気な声で、ジングルベルを歌いました♪

DSCF0517_R.jpg

そして男の子からよさこい演舞と・・・

DSCF0522_R.jpg

女の子からAKBのダンスのプレゼントが♪

DSCF0523_R.jpg

そしてご利用者さん一人一人の前に立って、げんこつやまのたぬきさんゲーム★

DSCF0528_R.jpg

タッチしたり握手したり・・・子供たちと触れ合えて、「かわいいね」とご利用者さんも喜んでいました!

DSCF0529_R.jpg

そして最後に子供たちから、手造りのサンタメダルのプレゼント!

子供たちが、折り紙でたくさん作ってくれたそうです。

中には涙を流して喜んでいらっしゃるご利用者さんもおり、一足早いクリスマスプレゼントを楽しんだひと時となりました★


出前講座に行ってきました!

2013.12.10(火)

医療法人社団 三成会 南東北春日リハビリテーションでは、市内どこへでも出張して、健康教室を行う、「出前講座」を行っています。
今日は鏡石図書館にて、一般の方を対象に行いました。

DSCF0300_R.jpg

今日は、後藤恒夫院長による「高血圧・脳卒中について」の講演です。

DSCF0305_R.jpg

会場は2階の講堂で、約60名ほどの皆様にご参加いただけました。

DSCF0310_R.jpg

DSCF0315_R.jpg

脳卒中になる原因や、理想的な生活習慣についてなどの講演を、皆さん熱心に聞いてくださいました。

医療法人社団 三成会 南東北春日リハビリテーション病院では、おひとり様からでも出前講座を受け付けています。
ご近所で、専門家の健康指導を受けませんか?

お申込み・お問い合わせは以下までどうぞ!
0248-63-7299(出前講座担当 会田まで)

 


小春日和109号発行!

2013.12.09(月)

小春日和の109号が発行されました!
今月号は、ノロウイルスについて。
これから感染流行のピークに入るノロウイルスの、種類や予防法について効果的に特集しています。
ぜひご覧ください!

20131209 koharubiyori109.jpg
▲クリックすると、PDFファイルでご覧になれます。


過去ログリスト
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008