春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
ロコモティブシンドロームをチェック!

2020.02.25(火)

e73e5f1df5002f755156f5916639f4e7_s.jpg


「ロコモティブシンドローム」とは、「立つ、座る、歩く」といった基本的な運動機能が低下している状態を意味します。2007年に日本整形外科学会によって提唱された概念で、略称は「ロコモ」、日本語名で「運動器症候群」と呼ばれます。運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器官のことで、骨、筋肉、関節、じん帯、腱、神経などから構成されています。

 

ロコモになると介護リスクUP

 ロコモは主に筋肉の減少や骨密度の低下、関節の軟骨のすり減りなどから起こります。ロコモになると、転倒事故での骨折や関節障害を起こしやすく、寝たきりや要介護になるリスクが高くなります。

 日本整形外科学会では、自らの運動機能の低下に早くから気付き健康を維持してもらおうと、7つの「ロコチェック」を設けています。

 

「ロコチェック」あなたはいくつあてはまる?

  片足立ちで靴下がはけない

  家の中で躓いたり滑ったりする

  階段を上るのに手すりが必要

  掃除機の使用や布団の上げ下ろしが困難

  重さ2キロ程度の買い物を持ち帰るのが困難

  15分くらい続けて歩けない

  横断歩道を青信号で渡り切れない

 

一つでも該当するとロコモの可能性があります。

ロコモに対処するには運動と食事が重要なカギとなります。気になる方は整形外科などの医師に相談してみるとよいでしょう。

 

※南東北グループ広報誌「南東北」326号より抜粋


膝痛予防についての出前講座を開催

2020.02.14(金)

大東公民館へ、出前講座に行ってきました!
テーマは、「膝痛予防について」。
理学療法士2人が講師となり、座学&実技を交え講演してきました。

IMG_2132_R.jpg

膝は歩くときに体重の2〜3倍の重量がかかり、身体を支えるために大変負担のかかる部位です。
関節のすり減りが原因となり痛みが発生し、進行すると関節の変形につながります。
会場にも、膝痛に悩む人がチラホラ・・・
皆さん興味深く聞いていただきました。

IMG_2136_R.jpg

膝痛を予防するには、膝関節まわりの筋肉を鍛えることが大切。
それには、日ごろからのストレッチや運動がかかせません。
お家でできる簡単ストレッチを一緒にやってみました。

IMG_2141_R.jpg

簡単なものからちょっときつく感じるものまで、20分程度軽くストレッチをしましたが、皆さん「身体があたたまった♪」ととても満足気。
普段スポーツをやられている皆さんということで、スポーツに伴う膝痛の出ないよう、ぜひ継続していただきたいですね。




南東北春日リハビリテーション病院 出前講座のご案内

皆さんの街のイベントや町内会、老人会の集まりに、健康セミナーはいかがですか?
理学療法士などが講師となってみなさんもとへお邪魔し、健康講座を行う当院の出前講座をぜひご利用ください。

お申し込み・お問い合わせは・・・
0248-63-7299(南東北春日リハビリテーション病院代表)
担当:藤田まで(月〜土 8:30〜17:00) 
※ご希望日の1ヶ月前までにはお申し込みください)










ワンポイントメディカル 正しいマスクの付け方・はずし方

2020.02.06(木)

感染症や花粉症で、咳やくしゃみが出る場合にマスクをすることは基本的なエチケットです。

昨今新型コロナウイルスが流行していますが、感染症にかかってしまった人や症状のうたがいのある人は、マスクを装着して感染を広めないようにしましょう。

また、しゃみやせきによるしぶき(飛沫)を他の人に飛ばさないようにする役割もありますので、マスクを正しくつけて症状の悪化、感染を防ぎましょう。

 

マスクの目的

 マスクは、特に冬季の乾燥した冷気から、呼吸器官を守るための保温、保湿する効果があります。ウイルスによる飛沫感染、空気感染である風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどのウイルスの病原微生物を体内への侵入を防ぎ、感染症予防やかかってしまったときの、家族や他の人への感染拡大を防止することが目的となります。

また、咳やくしゃみの飛沫に含まれる病原微生物が、咳1回で約10万個が約23m先まで、くしゃみ1回で約200万個が約35m先まで放出されるといわれています。マスクはこうした病原微生物が飛散するのを抑える事ができます。

 

マスクの正しいつけ方、はずし方

〜不織布マスク〜

 マスクはただつけるだけでは十分な効果は発揮しません。正しく着用することではじめて効果的な予防ができるので、マスクの正しいつけ方とはずし方が感染予防の第一歩となります。

 

正しいマスクのつけ方

1・・マスクをつける前にはしっかりと手洗いを行いましょう

正しい手洗いの仕方http://www.kaigo-hiwada.com/blog/000591_6.html

 

2・・マスクの上下を引っ張り、張り出した部分が表側になるように形を作ります。

masuk5.jpg

3・・ ノーズフィットワイヤーを上にして、顔に当てながら紐を両耳にかけます。

4・・ノーズフィットワイヤーを鼻の形に合わせて、あごを包むようにマスクを下まで伸ばして顔にフィットさせます。

 

masuk7.jpg  masuk6.JPG

Point

 マスク着用で一番重要なポイントとして、不織布マスクの中にある針金を自分の鼻の形に合わせて折り曲げ、鼻の両脇の隙間をしっかりとふさいでください。

口・鼻が覆われ、頬などに隙間がないようにするのが大切です。

マスクを着用しても鼻が覆われていないと、マスクの効果が半減してしまいます。必ず鼻と口の両方を同時に覆うようにしましょう。

 


マスクの正しいサイズの選び方

自分の顔に合ったマスクを使用する事も大切です。

顔のサイズを測ることで、正しいサイズが分かります。

以下のページを参考にしてください。

http://www.kasuga-rehabili.com/hospi_log/entry/000897.html


 

 



 

正しいマスクのはずし方

     マスク交換時の注意

 マスク表面にはウイルスが付着している可能性があります。

ゴムバンドのみを触ってはずし、マスク表面には触らないように注意しましょう。

     使用済みマスクの廃棄方法

 使用済みマスクは、ウイルスの付着している可能性があります。表面や内側には触れないようにマスクをはずしてビニール袋に入れ、口を閉じて廃棄しましょう。

※マスクを廃棄した後、手にウイルスが付着している可能性がありますので、手洗いを行いましょう。

正しい手洗いの仕方http://www.kaigo-hiwada.com/blog/000591_6.html

 

マスクの取替え頻度と注意

・不織布製マスクは原則使い捨てです。1日1〜2枚程度を目安に使用しましょう。

 ※インフルエンザ感染者や咳・くしゃみをした人と接した場合、マスクの表面にウイルスが付着している可能性があります。もったいないと思わずにすぐに交換してください。

 

間違ったマスクの着け方

1 マスクの金具部分を鼻の形に合わせてなく、顔にフィットしていない

→鼻の横のすきまからウイルスが入りやすい

2 鼻が出ている

→鼻からウイルスを吸い込んでしまう

3 使用中のマスクをあごにかける

→あごの部分に飛散物が付着していると、それがマスクの内側についてしまい 

 ます。

 

マスクをしているからインフルエンザウイルスを完全に防げるとは限りません。

マスクだけでなく、手洗いhttp://www.kaigo-hiwada.com/blog/000591_6.html

うがいhttp://www.kaigo-hiwada.com/blog/000592.htmlしっかりと行い体調管理をすることが重要です。

 

 

<情報提供>

社会福祉法人 南東北福祉事業団

総合南東北福祉センター

http://www.kaigo-hiwada.com/


メディカルフィットネスさくら「頑張らない健康づくり 青竹ビクス」

2020.02.05(水)

南東北春日リハビリテーション病院併設のメディカルフィットネスさくらにて行う、2月の特別講座のご案内です。


講座名:「頑張らない健康づくり 青竹ビクス」
講師:渡邉隆弘 (青竹ビクスインストラクター、健康運動指導士)
日時:2020年2月21日(金) 10:30〜11:30
持ち物:動きやすい服装で。飲み物、タオル、室内用シューズをご持参ください。

場所:メディカルフィットネスさくら スタジオ内


青竹ビクスとは?
青竹を模した足裏健康器具に体重をかけ、全身を楽しく動かしながら足裏の筋肉やツボを刺激する運動です。
筋肉を鍛える、というよりはマッサージしながら強化でき、誰でも簡単に行えます。


参加料無料、どなたでも参加できます。
さくらの会員、非会員に関わらず、ご予約が必要です。
ご予約は、以下までお電話ください。

メディカルフィットネスさくら 0248-63-7252
(月〜土10:00〜21:00)

お知らせはこちらをご覧ください!








美容外科半額キャンペーン

2020.02.05(水)

↓以下のキャンペーンは、定員に達したため受付を終了しました↓(2020.2.22)



南東北春日リハビリテーション病院 美容外科にて、恒例の「美容外科 半額キャンペーン」を実施します!

対象は、4月中に施術を行った方が対象です。
毎年大変ご好評いただいている本キャンペーンは、すぐ定員となってしまうので、お早目のご予約をおすすめします。



以下の画像をクリックするとお知らせが拡大表示されます
シミ取り半額キャンペーンR2 4月(院内掲示物)_page-0001.jpg



通常のお値段より、最大半額になるとってもお得なキャンペーンです。

初診の方は、一度美容外科の診察を受けて頂いてからのご予約となります。
診察にご予約は不要ですので、美容外科の受付時間内にいらっしゃってください。
(その際は、キャンペーンが終了していないかの確認を、事前にお電話にてご確認ください)

美容外科診察:毎週水曜日の13:30〜16:00

その他、ご不明な点はなんでもお電話ください。


南東北春日リハビリテーション病院代表
0248-63-7299









過去ログリスト
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009