春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
介護教室 〜おしっこ(排尿)の障害について

2017.03.22(水)

おしっこ(排尿)の仕組み         

腎臓で作られた尿は、尿管を通り膀胱へ送られます。
腎臓は、血液をろ過し、余分な水分や老廃物を尿にする働きがあります。
膀胱に尿が約150〜200ml溜まると、その刺激が中枢神経や大脳に伝わり、尿意(排尿したくなる感覚)を感じるようになります。
尿意を感じて、排尿のための一連の動作(トイレに行く、ズボンを脱ぐ、便座へ座る)が整うまでに、尿を漏らさずにためることができ、環境が整うと排尿することができて「排尿をした」となります。
成人の1日の尿量は、1000ml〜1500mlです。
正常な尿は、透明な黄色から淡い黄色です。

toilet_boy.png

 

排便のしくみ                   

口から摂取した食物は、胃で消化され小腸で必要な栄養分や水分が吸収され、お粥のような状態で大腸に送られます。
大腸でさらに90%水分が吸収され、固形の便になります。
便は通常、S字結腸にたまり、蠕動運動(ぜんどううんどう)によって直腸に入り、直腸内圧がすすみ、この刺激が中枢神経から大脳に伝わり便意(排便したくなる感覚)となります。
便意を感じて、肛門をゆるませ、腹圧がかかり便を体外へ排出すると「排便をした」となります。
便の量は摂取する食物の量や種類によっても異なりますが、通常1日100g〜250gで黄褐色の有形軟便です。

 

排尿障害の種類               
<排尿困難>
排尿したい気持ちはあるが、スムーズに排尿できない状態をいい、一度の排尿に時間がかかったり、うんと力を入れないと排尿できないということもあります。
また、尿が細く勢いがない場合も含みます。

<尿閉>
膀胱に尿が溜まっているのに、全く排尿できない状態をいい、排尿困難がひどくなると、尿閉になる場合があります。
8〜12時間排尿が無い場合は、医師に相談してみてください。

<頻尿>
排尿した直後に、また排尿したくなる状態をいいます。
一度の排尿は少なく、回数が多くても全体の尿量が増えるわけではありません。
1度の排尿で、十分に尿が出きらない場合に、膀胱内に尿が残って、しばしば頻尿になる場合があります。
利尿剤や多飲によって頻尿が起きることもあります。

<尿失禁>
普通、膀胱に尿が溜まっても、自分の尿である程度我慢できるが、さまざまな原因で我慢できずに排尿してしまう状態を尿失禁といいます。

 


介護教室 〜歯磨き、口腔ケアと口腔管理について

2017.03.22(水)

口腔ケア、歯磨きの目的
口腔ケア、歯磨きによって口腔の衛生を保つことにより、疾病を予防して歯の健康を維持し、QOLの維持・増進を図ることが可能になります。
口腔は食物を摂取する大切な器官です。
口腔の機能を正常に保つことは全身の健康を維持する部分と深くかかわります。
歯の機能がある程度まで維持されていれば、食事の際の負担も軽減し、味覚や咀嚼筋の維持、脳への刺激や血液の循環にもよい影響を及ぼすと言われています。

 

hamigaki_obaasan.png

口腔の機能(口腔には、以下の3つの機能があります)
1)咀嚼機能
食物を口の中に摂取し、口に入れた食物を歯によって噛み砕いて唾液と混ぜ合わせ、その味や噛み心地を舌や口腔内の粘膜によって本人に感知させる。
2)嚥下機能
咀嚼によって噛み砕かれた食物は、舌と口腔周囲の筋の活動によって咽頭へ送られ、食道を経て胃に達する。
3)発音
コミュニケーションを交わすための発音も、口腔の周囲筋、舌、唇、口蓋の働きによって行われる。

 

口腔ケアの具体的方法
歯垢を除去し歯の衛生を保つ効果が最も高いのは、歯ブラシなど利用して行うブラッシング(歯磨き)です。
口腔ケアの基本は、口腔清掃を行って、歯垢や口の中に残った食物を除去し、口腔内を清潔に保つことです。
口腔ケアには、歯ブラシなどを使用する機械的清掃法と薬剤を使用する化学的清掃法があります。
できる限り歯ブラシによるブラッシングを行い、ブラッシングと合わせてフロッシング(歯間清掃)、リッシング(洗口)を行います。

【機械的清掃法】
1.歯ブラシによるブラッシング:歯ブラシで行う口腔清掃で口腔ケアの基本である。

hamigakiko.png
2.歯間ブラシ:歯ブラシが届きにくい歯と歯の間(歯間部)を清掃するためのブラシ
3.デンタルフロス:歯と歯の間に食物が挟まっている場合や、歯間部のスキマが小さい場合に使用する歯間清掃用の糸。歯のスキマに通して清掃する。

dental_floss.png
4.スポンジブラシ:口腔粘膜の清掃時に用いる。歯間部や歯頚部び歯垢の除去効果はあまり期待できない。

 

【化学的清掃法】
1.消毒・殺菌作用のある洗口:口臭の除去効果が高く、清涼感が得られる。歯垢の表面に対する殺菌効果はあるが、口腔菌の減少効果は歯ブラシの使用に比べ劣る。

medical_ekitai_hamigaki.png
2.消毒・殺菌作用のない洗口剤:口臭除去・清涼感を得るのに適している。

 


介護教室 〜閉じこもり症候群について

2017.03.20(月)

閉じこもり症候群とは、家の中に閉じこもってしまい、外に出なくなってしまうことで活動性が低下していきます。
その結果、刺激のない生活の中でやる気が起きなく、心身の機能低下や、筋肉を使わずにいることで、筋肉の力が弱くなってしまうなどの状態のこと※廃用症候群(生活不活発病)を発生させ、さらに心身両面の活動を失っていき、寝たきりに進行していきます。

gorogoro_ojisan.png

 

「閉じこもり」スクリーニング尺度
あなたは、どのくらいの回数で外出しますか?
(隣近所へ行く、買い物、通院などを含みます)
1)週に1回以上は、外出する:非「閉じこもり」
2)月に1〜3回は、外出する:「閉じこもり」
3)ほとんど、または全く外出しない:「閉じこもり」

 

寝たきりの原因としての閉じこもり症候群をもたらす要因には、身体的、心理的、社会・環境要因の3要因が挙げられており、相互に関連しています。

身体的要因…脳卒中や骨折
心理的要因…活動意欲の低下や障害受容・性格
社会、環境要因…家族や他社との人間関係や自宅の家屋構造

「冬、外は寒く、道が凍っていて危ない…」、「転びやすくなったので」…、「ちょっと風邪が長引いたので…「近所に友人もなく特に外出しなければならないことがない…」など様々な理由で外出は控え、自室で生活すると、気づいたら寝たきりになっていた、という例もあります。
定期的な外出機会を持つということも身体を健康に保つポイントだということが分かります。

 

※廃用症候群(生活不活発病)とは、「廃用(使わないこと)、すなわち不活発な生活や安静でおきる、全身のあらゆる器官・機能に生じる心身機能の低下です。

 


介護教室 〜入れ歯の知識・手入れ方法

2017.03.20(月)

取り外しのできる入れ歯は、必ず1日1回は取り外して歯ブラシで磨き、寝るときには洗浄剤に入れて保存します。

ireba_ojiisan.png

入れ歯の知識
高齢者の多くは入れ歯を用いていますが、正しく管理しているとはいいがたいのが現状のようです。
入れ歯は、自分の歯と同様に清潔を保つことが大切で、食後のたびに洗浄をしなければならないものもあります。
入れ歯を装着したままにしておくと、バクテリアが繁殖し、病気の原因となったり、口臭がひどくなったりします
また、入れ歯の不具合も、虫歯の原因となります。


 

 

入れ歯の種類
〇ブリッジ
…歯の喪失数が少ない場合に行われる方法で、喪失した歯の両側の残っている歯に冠をかぶせて、それを土台にブリッジをセメントで固定する。
〇部分入れ歯…残っている歯に入れ歯を支えるバネをかけて、装着する方法。

ireba_bubun.png
〇総入れ歯…局部入れ歯ができないほど歯の残存数が少なかったり、歯がすべて失われたりした場合に、喪失した歯の歯槽提(土手)にフィットした入れ歯を入れる方法。
ireba.png

〇インプラント…歯の欠損箇所にインプラントと呼ばれる人口歯根を埋め込み、歯の形をした冠をかぶせる方法をいう。


平成29年度 市民健康教室 年間予定表ができました!

2017.03.17(金)

平成29年度の年間予定表ができましたのでご案内致します。

地域住民の皆さんの健康づくりに貢献できるよう、職員一同努力して
まいります。来年度もぜひご利用下さい。

※市民健康教室は、参加費無料・予約も不要です。
 会場では、健康チェック(血圧・骨密度・体脂肪・血管年齢測定)も
 無料で行えます。

皆さまお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加下さい。

 

※こちらをクリックすると年間予定表のPDFファイルが開きます↓

  SKMBT_C454e17031711120.pdf

SKMBT_C454e17031711121_0001s.jpg

 


平成28年度セーフティチャレンジ★チームワーク賞に当選しました★

2017.03.06(月)

 平成28年度セーフティチャレンジ特別賞の抽選結果が発表されました。
今年度、当施設では46チームが参加。うち1チームが【チームワーク賞】に
当選しました。

3月6日の朝礼にて、後藤院長よりチーム代表の山岸千代美さんに記念品の
授与が行われました。

皆さん、セーフティチャレンジが終了しても、公私ともに安全運転を継続して
下さい(*´∪`*)♫

 

DSCN4313.JPG

 

 

DSCN4308.JPG


過去ログリスト
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008