春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
院内トピックス 春日通所リハビリでスイーツを作ってみました!

2011.10.24(月)

reha_1024.jpg9月21日、春日通所リハビリの活動で料理を作る企画を行い、あんみつを作りました。
スタッフと女性利用者の数名で白玉団子を作ったり、シロップをかけたり・・・
出来映えはプロ顔負けのものではないでしょうか?
利用者からも大絶賛の声が挙がっていました。
春日通所リハビリでは行事の中で交流を深めていける活動がたくさん御座います。
機会がございましたらご見学お待ちしております!

 

 

春日通所リハビリテーション


「南東北春日リハデイ石川」着工状況のお知らせ

2011.10.19(水)

石川町に建設中の通所介護事業所「南東北春日リハデイ石川」の建築が着々と進んでおります。石川自動車教習所の近くにございます。
木造平屋建てとなっており、広々としたスペースとなっております。
ご利用に関するご相談は当院までお問い合わせ頂ければと思います。

またパンフレットができあがりましたので、こちらよりダウンロードして下さい。
(容量が大きいのでご注意ください)
http://www.kasuga-rehabili.com/blog-files/riha_ishikawa.pdf

 

ishikawa_111015_1.jpg    ishikawa_111015_2.jpg

ishikawa_111015_3.jpg   ishikawa_111015_4.jpg


サマーショートボランティア 実習の感想!!  part2

2011.10.15(土)

サマーショートボランティアが8月1日~13日まで行われております。延べ120名の実習生が当院へ就業体験に来ております。実習を行った高校生に感想を聞きました。多数感想を書いていただいたのでPart2としてご紹介いたします。

 

・今回のサマーショートボランティアでは、短い時間でしたが、たくさんの人達と接し、たくさんのことを経験させていただきました。ありがとうございました。スタッフの皆さんの仕事のお手伝いをさせていただきましたが、想像以上の量に驚きました。それで疲れているにもかかわらず、リハビリされている方々に笑顔で話しているのを見て、笑顔はとても大切なんだと改めて思いました。私の夢は看護師ですが、治療を受けられる方々に対する接し方というものを学ぶことが出来ました。また次回もこの経験を活かしてもっと活動したいと思います。(須賀川高校 生徒さん)

 

・南東北春日リハビリテーション病院でのボランティア活動をさせていただきありがとうございました。私は「看護」の方に活かせてもらったのですが、看護師の仕事内容や、重要さ、大変さを改めて実感しました。リハビリ病院ということもあり、普通の総合病院とはまた違った仕事をしているのだという事も分かりました。そして、看護師だけではなく、介護士さんも数多くいらっしゃったので介護士の仕事の大変さもよく分かりました。私がボランティアさせて頂き、強く印象に残っているのは、看護師さんや介護士さんの笑顔です。南東北春日リハビリテーション病院は比較的大きな病院で患者さんの数も多く、病状も様々でした。
 しかし、そのような中でどんな時もどの患者さんにも、看護師や介護士の皆さんは笑顔で接していました。その笑顔はとてもあたたかくて、優しいものでした。看護師や介護士の仕事は消して楽な仕事ではありませんが、私も南東北春日リハビリテーション病院の看護師さんや介護士さんたちの様な笑顔で仕事ができるような看護師になりたいです。今回は本当に貴重な体験をさせていただきありがとうございました。この体験は将来に活かしていきたいと思います。お世話んじなった看護師さん、介護士さん、患者さんの皆さんいつまでもお元気で!!(須賀川桐陽高校 生徒さん)

 

・今回は2日間老健でボランティアさせていただきありがとうございました。1日目は主にシーツ交換と患者さんの処置のお手伝いをやらせて頂きました。シーツ交換と患者さんの処置のお手伝いをやらせていただきました。シーツの敷き方1つで患者さんの身体に影響を及ぼすことがあるという事を教えていただき、丁寧にやることが大切だと思いました。
また、布団カバーや枕カバーの紐は患者さんからあまり見えないような向きにしたりと、常に患者さんのことを考えて行動されているのだと感じました。処置のお手伝いでは、看護師さんが「将来看護師さんになるのなら今のうちにいろいろ経験しておくといいよ。」と言ってくれて、実際に患者さんに目薬をさしたり、白癬の方の脚などを洗浄して、薬を塗ったりと処置をやらせていただきとてもいい経験をすることが出来ました。処置をするうえで、患者さんに体の調子などを聞いたりとコミュニケーションをとりながら進めていくことが大切だと思いました。
2日目は主に患者さんとお話ししたり、処置のお手伝いをさせていただきました。患者さんに笑顔で元気よく話しかけることで、患者さんもにっこりと素敵な笑顔で話してくれたことがとても印象的でした。また、様々な場面で「ありがとう」と言っていただき、自分でも役に立てているのかなとうれしく感じました。看護師、介護士の方たちが皆さん明るくて、元気で私たちも皆さんのような素敵な人間になりたいと思いました。これからも勉強に励み、必ず看護師になります。2日間、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。そしてお世話になりました。(須賀川桐陽高校 生徒さん)

 

seito.jpgその他大勢の学生さんに感想文を書いていただきました。みなさん当院での体験したことをこれからの勉強や将来に役立ててほしいと思います。

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


院内トピックス 福島県立石川高等学校の生徒さんが就業体験を行いました

2011.10.04(火)

9月27日・28日の2日間、県立石川高等学校の生徒さん4名が当施設にて就業体験を行いました。初めての就業体験という事もあり、緊張していたようですがみなさん真剣に実習に取り組んでいました。4名の方から実習の感想をいただいたので掲載いたします。今回の経験を学校生活の目標として役立ったのなら幸いです。

【実習を終えての感想】

・実習を通してあらためて介護は大変だなと思いました。コミュニケーションをとるのも難しいですし、大変ですけど、少しでも話せるとすごく楽しいなと思えました。そして相手が心を開いてくれたらきっとすごく嬉しいし、やる気が出るんだろうと思いました。

・今回初めて南東北春日リハビリテーション病院に来て分からないこと等たくさんありましたが、就業体験を通してリハビリとはどんなことなのか、また、リハビリだけでなく、患者さんとコミュニケーションをとる事、心のリハビリなど患者さんを第一に考えてる病院だと思いました。また、介護士一人ひとりが明るく私も、とても就業体験がやりやすかったです。この経験を活かして将来を考えていきたいと思いました。

・実際の病院でのリハビリの仕事を見て、はやり今まで行っていたデイサービスセンターとは違うと感じました。実習の中でもデイサービスとはかわって、夜もこの場所で過ごすのだから職員の方たちは大変なんだろうなと思いました。

・初めての経験で少し緊張してしまいました。リハ経験では見学をして実際に患者さんと同じ経験もしました。大体はコミュニケーションをとっていましたが、なかなか共通点が見つからず何を話していいのかわかりませんでした。でも話しかけてくれる方もいて話しやすかったです。この経験を活かせるよう、これからもがんばりたいと思います。

 

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008