春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
スタッフ奮闘記

2009.08.24(月)

今日でこちらで働かせてもらうようになって丸1年が経ちました。私生活でも色々あり、流れを変えたくて採用試験を受け、運よく合格できたことにも感謝ですが、何より事務所のみんなのおかげで、少しずつ良い方向に流れていっていると思います。ただただ“感謝”の一言に尽きます。わからないことだらけで、1度では覚えられない私に、みんなとても親身になって教えてくれたり、またそうじを手伝ってくれたり、「子供さんがいるんだから、祝日は家にいなくちゃ」と日直を交換してくれたり、数え上げるときりがないくらい親切にしてもらって、ありがたく感じています。ここに来て感じたことは、事務所のみんなは「ありがとうございます」という言葉をたくさん使うな…ということでした。どんな状況でも最後は必ず「ありがとう」。私も「ありがとう」を自然に言えるようになり、仕事以外の場でも、気が付くと「ありがとう」を言っていてびっくりしています。以前、事務長が朝礼で「“ありがとう”は、照れくさかったりしてなかなか言えない言葉かもしれないけれど、その一言でその場の雰囲気が変わったり、物事が良い方向に進んだりするんだよ…」というお話の通り、とても素敵な言葉だと思います。この1年、みんなに本当に良くしてもらって、私にできる恩返しは何だろう…と常々考えていますが、自分の仕事をしっかりやって、何かしらみんなの手助けができるようにしていきたいと思っています。これからもご迷惑やご心配をおかけすることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。

 

(事務T)


スタッフ奮闘記 特定健診について

2009.08.22(土)

特定健診を受診される方には、市の大腸がん検診・肺がん検診・胃がん検診も受診できるように伝えるようにしていますが、「なぜ特定健診の項目に胸のレントゲンや心電図がないの?」と怒られたりすることもあります。その時は制度が変わったこと等を説明していますが、私自身、特定健診の制度自体に改善が必要なのではないかと思ってしまいます。きついことを言われても、今の自分は笑って受け流すことができるようになりましたが、社会人になりたての頃は、営業先から戻る途中、泣きながら歩いていました。何か言われると「どうしよう!!」とパニックになるようなことも今はなくなり、色々な経験をすることで余裕ができるんだなと思い、どんなことでも、今までの経験は無駄ではないんだなと感じられるようになりました。

 

(事務T)


地域イベントトピックス 長沼まつりのご案内

2009.08.20(木)

naga.jpg― 長沼地域の幻想的な初秋の風物詩 ―

長沼まつり」は、大小のねぷたやねぶたが繰り出し、夜の街を幻想的に照らし出す光景が、長沼地域の初秋の風物詩となっています。

[と き] 9月12日(土)午後4時から午後9時30分(小雨決行)

[ところ] 長沼金町通り

[イベント] ・よさこい 午後4時からと、午後6時50分から
        ・出陣式 午後6時から
        ・踊り流し 午後6時30分から
        ・子供みこし 午後6時40分から
        ・ねぷた、ねぶた 午後7時10分から9時10分

≪まつりのきっかけ≫
「長沼まつり」の記念すべき第1回は、1985年(昭和60年)11月に、市内の団体から譲り受けた1基のねぶたがきっかけでした。その後、青年団体連絡協議会が中心となり、19の団体が参加し「石背長沼まつり」として始まったのが最初です。

≪まつりの見どころ≫
毎回、各町内や団体などの有志らが、それぞれ趣向を凝らし、長い時間と労力を費やして作成した「ねぷた」「ねぶた」が参加します。踊り流しに続き、子供みこしによさこいと、次々にまつりが進んでいき、メインを飾る「ねぷた」「ねぶた」となります。「ねぷた」「ねぶた」が通りに繰り出すと「ラッセーラ、ラッセーラ…」の掛け声とともに、ハネトが通りを勢いよく踊り、跳ね歩きます。「ねぷた」「ねぶた」の幻想的な光とハネトたちの躍動、そして、鈴の音が大きなうねりとなって、見ている人たちに感動を与えます。

(広報すかがわ8月号より)

詳しくは須賀川市ホームページをご覧下さい
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/ksukagawa/gyouji/naganuma/naganuma.html


相談員募集!! 医療相談員・支援相談員

2009.08.19(水)

相談員を募集しております。

*医療相談員…1名
*支援相談員…1名

詳しい募集内容はスタッフ募集ページをご覧下さい。

http://www.kasuga-rehabili.com/recruit_stuff.php?staff_no=7


栄養だより ヘルシー献立【ビタミンA(βカロテン)たっぷり膳】

2009.08.12(水)

  eiyou2.jpg6月に実施した「ビタミンAたっぷり膳」を紹介します。ビタミンAでもβカロテンが多い食材を使いました。メインは素揚げしたかぼちゃやピーマンをトッピングしたカレーです。ごはんの黄色はにんじんをすりおろして炊いた”にんじんごはん”です。

《βカロテンについて》
ビタミンAにはレチノールと緑黄色野菜に含まれるβカロテンがあります。βカロテンは体内でビタミンAに変わるためプロビタミンAと呼ばれます。βカロテンは免疫力を増強する働きや有害な活性酸素から体を守る、抗酸化作用があります。油と相性が良いため炒めたり、揚げたりして食べると吸収が良くなります。

【にんじんごはんの作り方】
(1)にんじん(4人分で80g)はすりおろしバターで炒めさましておく。
(2)米をとぎ(1)と、コンソメスープを通常の水の分量分入れて炊く。
(3)皿に盛り付けパセリパウダーをふる。

【夏野菜カレーの作り方】
材料:豚肉、たまねぎ、かぼちゃ、なす、ピーマン、パプリカ(赤)
作り方のポイント:普通のカレーを作る時のように全部煮込んでもいいですが、かぼちゃ・なす・ピーマン・パプリカを素揚げして、トッピングとしてカレーの上に乗せると、彩り良く、見た目にもきれいです。ピーマンの代わりにいんげんを使っても良いと思います。

【ほうれん草のポタージュの作り方】
材料(4人分):ほうれん草80g、じゃがいも80g、たまねぎ40g、バター適量、コンソメスープ320cc、牛乳200cc、塩・こしょう適量
(1)たまねぎとじゃがいもは薄くスライスして、バターで炒める。
(2)(1)にコンソメスープを入れて、やわらかくなるまで煮る。
(3)ほうれん草はゆでておく。
(4)(2)と(3)をミキサーにかけ、鍋に移し牛乳を加え煮立たせ、塩・こしょうで味をととのえる。
*夏は冷蔵庫で冷やしてもおいしく召し上がれます。


(管理栄養士 有我三千代)


春日訪問看護ステーションが訪問リハビリ・ステーションの指定事業所となりました

2009.08.11(火)

福島県では地域リハビリテーション推進事業の一環で、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が利用者さんのご自宅へ訪問する、訪問看護リハビリテーションを行っている事業所に対し、「訪問リハビリ・ステーション」の指定を行い、利用者さんへの周知向上を図っています。8月3日、当訪問看護ステーションがこの「訪問リハビリ・ステーション」の指定事業所となりました。

訪問リハビリテーションとは…理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が利用者さんのご自宅を訪問して、心身機能の維持回復を図り、日常生活の自立を支援するために、リハビリテーションを行うサービスです。具体的には、日常生活動作(歩行・食事動作・トイレ動作・入浴動作など)の練習や関節の変形拘縮の改善、介助や介護の方法をご家族にアドバイスしたり、福祉用具やリフォームの相談などを行います。

8月3日現在、県内18事業所が「訪問リハビリ・ステーション」の指定を受けております。南東北グループでは、当訪問看護ステーションの他に南東北訪問看護ステーション ゴールドメディア、南東北訪問看護ステーション船引が指定を受けています。


≪訪問リハビリテーションについてのお問い合わせ≫
春日訪問看護ステーション
TEL 0248-63-7278


栄養だより 病院・老健の食事のご紹介 「生ビール風ゼリー」

2009.08.10(月)

eiyou56.jpg6月21日は父の日。21日は夏至でもあり、これから暑い日が続きます。お酒が好きな方は冷たいビールがおいしい季節ですね。当施設では父の日のメニューに生ビールを出しました…と言いたいところですが、病院なのでアルコールは提供できません。代わりに生ビールに見立てたデザートを提供しました。見た目はビールにそっくりですが、味はリンゴのゼリーです。

≪生ビール風ゼリーの材料(5個分)≫
[A]
リンゴ100%ジュース(透明なもの)…300cc
アクアジュレパウダー…7g
水…50cc

[B](泡の部分)
プレーンヨーグルト…75g
水…25cc
砂糖…15g
アクアジュレパウダー…2.5g


≪作り方≫
(1)Aの部分を作る。鍋に水とアクアジュレパウダーを入れて沸騰させる。火からおろし、ジュースを混ぜ、カップに7〜8分目まで注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。
(2)Bの部分を作る。鍋に水と砂糖、アクアジュレパウダーを入れ、一煮立ちしたら火からおろし、ヨーグルトを混ぜる。
(3)(1)が固まったら(2)を上に注ぎ、再度冷やし固める。

※今回使用したアクアジュレパウダーはゼラチンと寒天の間の固さが作れるゼリーのもとです。ご家庭で作る場合は粉寒天で代用してください。ゼラチンを使用する場合は沸騰させず火を止めてから、しとらせたゼラチンを加えて下さい。

(管理栄養士 有我三千代)


介護教室≪排泄介助について≫

2009.08.08(土)

≪おむつとおむつカバーについて≫
おむつも下着の一部として考え、目的にあった種類のおむつを選択することが大切です。おむつ使用にあたっては、本人と話し合うなど十分な配慮が必要です。
おむつには布おむつと紙おむつがあります。経済面・洗濯の手間の有無・廃棄の可否・肌触り・吸水性など、それぞれの特徴があります。おむつの選択にあたっては、便失禁の有無や1回の排尿の量、活動状況などを考慮します。
紙おむつの種類には、パンツ型・テープ型・フラット型などがあります。メーカーにより、吸水力・カーブやギャザーなどの横漏れ防止効果・通気効果・防臭効果など様々なものがあり、価格にも多少の違いがあります。

≪おむつ交換について≫
 おむつは便意・尿意が分からない、便意・尿意があっても間に合わず、下着を汚してしまうなどの状態の時に使用します。排泄の間隔を把握し、汚れたおむつはできるだけ早く交換することが大切です。
(1)はじめにおむつを交換することを伝えます。「下着を着替えませんか」などという表現が好ましいです。
(2)カーテン・スクリーンなどを用いて、プライバシーを確保してください。
(3)防水シートを敷きます。
(4)新しいおむつとおむつカバーを交換しやすいようにセットします。
(5)下着を膝下くらいまで下げ、おむつを開きます。
(6)側臥位(横向きに寝る)になってもらい、汚れたおむつの汚染部を内側にして小さく丸め、周囲を汚さないように取り除きます。
(7)陰部やでん部を清拭、あるいはぬるま湯による洗浄を行います。その際、皮膚の状態も観察してください。
(8)乾いたタオルでよく拭き取ります。
(9)新しいおむつとおむつカバーをつけます。おむつの上端部は腰回りに合わせ、おむつの中心とでん部の中心を合わせます。必要であればパッドを併用します。
(10)仰臥位(仰向けに寝る)に戻し、おむつのしわを伸ばしながら、おむつカバーからおむつがはみ出ないように付けて、腰回り、大腿部から尿が漏れないようにします。必要以上に締めすぎないように腰回りには指2本程度入るゆとりをもたせます。

≪排泄介助にあたっての留意点≫
(1)本人の意思を尊重し、できない部分について援助しましょう。
(2)プライバシーを確保しましょう。
(3)尿意・便意を察し、言葉をかけたり、本人が頼みたい態度で接しましょう。
(4)本人が安心できるように、安定した援助を心がけましょう。
(5)排泄後の清潔を保持し、気持ちよいと感じてもらうことが大切です。
(6)快適で清潔な排泄環境を提供しましょう。

(小春日和第56号より)

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


第22回市民健康教室(ボランティア活動)開催のお知らせ

2009.08.07(金)

平成21年9月26日(土)、地域の皆さんを対象とし「ボランティア活動」をテーマに、第22回市民健康教室を開催します。参加希望の方は会場までご案内しますので、当日受付にてお声をかけください。

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。参加費は無料です。

【第22回市民健康教室】

○ 日 時 平成21年9月26日(土)午後2時〜3時30分
○ テーマ 「ボランティア活動」
○ 講 師 南東北ボランティアコーディネーター 都築 芳子
○ 場 所 南東北春日リハビリテーション病院-5階会議室
○ その他 健康チェック(骨密度、血管年齢、血圧、体脂肪測定)
※テーマが変更になる場合があります。ご了承ください。


院内トピックス あきんど祭りに参加しました

2009.08.06(木)

20090725.jpg7月25日(土)、須賀川市あきない広場「まちなかプラザ」にて須賀川商工会議所主催あきんど祭りが開催され、今回も職員4名が参加させていただきました。当院では健康相談・血圧測定・体脂肪測定・血管年齢測定・骨密度測定等の健康チェックコーナーを毎回無料で実施しております。

まちなかプラザでは「お楽しみ抽選会」のイベントがあり、来場者に焼きそばやかき氷が無料で振る舞われ、たくさんの人で賑わいました。おかげで当院の健康チェックコーナーも大盛況で、いつもの倍近くのお客さんが来てくださいました。

次回のあきんど祭りは8月22日(土)に開催します。まちなかプラザには当院の他にも、キレイなお花や採りたての野菜、果物などたくさんの商品が売られています。お買い物のついでに当院の健康チェックコーナーもぜひ利用ください。時間は午後10時から12時の予定です。

あきんど祭り…須賀川市商店街への来街者増加等を目的に、各個店が創意工夫を凝らして様々なイベントを行う、消費者サービスデー(毎月第4土曜日)です。

 

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション

 


第31回須賀川市釈迦堂川全国花火大会のお知らせ -地域イベント-

2009.08.04(火)

hanabi.jpg― 夏の夜空を彩る1万発の競演 ―

県内最大級の規模で、須賀川の夏の夜空を華やかに彩る「第31回須賀川市釈迦堂川全国花火大会」を8月22日(土)に開催します。約90分にわたる天空の花火ショーを、心行くまでご堪能ください。

[と き] 8月22日(土)午後7時打ち上げ開始(雨天決行)

[ところ] JR須賀川駅前河川敷

[見どころ] ・燈籠(とうろう)流し…午後6時30分〜
        ・二尺玉 6発
        ・超特大スターマイン
        ・全国選抜尺玉の競演
        ・空中ナイヤガラスターマイン
        ・パノラマファイヤー
        ・音楽花火

≪臨時列車≫
 当日は郡山駅、矢吹駅、新白河駅から上下合わせて41本の臨時列車を運行します。

≪交通規制≫
 会場周辺の道路は、午後5時から10時まで車両の通行が禁止となります。また、都市計画道路栄町下江持線「印南歯科医院交差点前〜こんの小児科交差点前」は午後3時から、東部環状線「第二中学校前〜県道須賀川三春線との交差点」と「JR須賀川駅前広場」は午後4時から、「JR須賀川駅前〜下江持橋」は午後7時から、車両の乗り入れと通行が一切できなくなりますので、ご注意ください。

≪お願い≫
・大会当日は、幹線道路が交通渋滞します。緊急車両の通行の妨げとなる路上駐車はおやめください。
・河川管理と会場準備のため、8月21日(金)までの観覧場所取りは絶対におやめください。
・毎年、花火大会直後は観覧場所や道路、公園などにごみが散乱し大変迷惑しています。ごみは必ず持ち帰りましょう。

(広報すかがわ 8月号より)

詳しくは須賀川市ホームページをご覧ください↓
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/ksukagawa/gyouji/hanabi/syakadougawa.html


2009年 春日夏祭りのお知らせ

2009.08.03(月)

yosa.jpg地域の皆さんとの交流を目的に始まった夏祭りも、今回で5回目を迎えます。昨年はたくさんの皆さんにご来場いただき、ありがとうございました。今年は8月29日(土)に開催いたします。時間は午後4時から6時の予定です。夏祭りのイベント等の詳細につきましては決まり次第掲載したいと思います。今年もたくさんの皆さんのご来場を心よりお待ちしております!!

≪夏祭りに関するお問い合わせ≫
医療法人社団三成会
TEL 0248-63-7299
夏祭り実行委員

写真は去年の夏祭りに職員が踊った「YOSAKOI」での1コマです。


第21回市民健康教室「簡単にできる肩こり体操」を開催しました

2009.08.01(土)

20090725_2.jpg7月25日(土)午後2時から当施設5階会議室で、第21回市民健康教室「簡単にできる肩こり体操」が開催されました。講師は当施設の中村氏が務め、肩こりのメカニズム等の簡単な説明の後に、肩こり予防・解消体操の実技を行いました。肩こりは年齢問わず多くの方が悩む症状であり、皆さん興味深げにお話を聞きながら体操を行っていました。
中村氏は普段、当施設の通所リハビリテーションで勤務しており、顔なじみの利用者さんも来場されていて、終始和やかな雰囲気の中、講演を行うことができました。「少し身体を動かすだけで肩が軽くなるんだね」という声も聞かれ、みなさんに喜んでいただけたようです。次回の市民健康教室は9月26日(土)午後2時より、「ボランティア活動」をテーマに、南東北ボランテイアコーディネーターの都築さんがお話する予定です。たくさんのみなさんのご参加をお待ちしております!!

 

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008