春日リハビリテーション病院のホームページへ戻る スタッフホスピログ
老健施設で鯉のぼりを飾りました

2008.04.30(水)

koinobori.jpg もうすぐ5月5日、こどもの日ということで老健施設に鯉のぼりがやってきました。職員による共同作業で大きな鯉のぼりが天井を泳ぐように飾りつけられました。職員の息の合った作業の様子を、利用者さんも楽しそうに見守っていました。鯉のぼりはこれからしばらく飾られ、利用者さんやご家族の皆さんをお迎えいたします。

鯉のぼりの由来…鯉のぼりは江戸時代に庶民のアイディアで始まったとされています。中国の黄河上流に竜門と呼ばれる急流があり、それをさかのぼることができた鯉は龍に化するという中国の登竜門伝説であやかり、男児の健康と出世を願い端午の節句に鯉のぼりを飾ったのが始まりと言われています。

 

医療法人社団 三成会
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


シバザクラが咲いています

2008.04.28(月)

sibazakura.jpg   4月に入り病院駐車場に植えてあるシバザクラが咲きました。白や紫色のきれいな花を咲かせ、施設を訪れる皆さんの目を楽しませてくれています。シバザクラは、4月から5月頃にサクラに似た形の花を咲かせるハナシキブ科の植物で、葉形やその葡萄性などからシバザクラと名づけられました。寒さや乾燥、病気等にも強いことから、毎年この季節になるとあちらこちらで見かけるお馴染みの植物です。先日ご紹介しました、施設側のサクラはあっという間に散ってしまいましたが、代わってシバザクラが施設内に彩りを与えてくれています。


春日トピックス 出前講座(無料)のご案内!

2008.04.23(水)

demae03181.jpg 当院では、「医療を通じ、地域住民の健康づくりへの貢献をめざします」の理念のもと、須賀川・岩瀬郡・石川郡管内の公民館や集会所に出かけて行う「出前講座」を無料で実施しております。
講演は、当施設に勤務する医師(脳神経外科、内科)、看護師、リハビリスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、管理栄養士、介護支援専門員などの専門職員が行います。医療ばかりではなく、介護に関することや栄養相談、健康相談や健康チェック(血圧測定、体脂肪測定、血管年齢測定、骨密度測定)なども行っております。人数や場所などに関係なく出前講座を行いますので、お気軽にお申し込みください。

≪申し込み・お問い合わせ≫
医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
TEL 0248-63-7299  FAX 63-7265
mail kasuga.hp@sirius.ocn.ne.jp

こちらの申込用紙にご記入いただいて、郵送またはFAXでもかまいません。
⇒出前講座申込書.pdf

第20回すかがわ国際短編映画祭開催のお知らせ

2008.04.23(水)

cinema.jpg 5月10日(土)午前10時〜午後5時30分、11日(日)午前10時〜午後5時40分と2日間にわたり第20回すかがわ国際短編映画祭が開催されます。場所は須賀川市文化センター、入場料は1日券500円、2日券が1000円、高校生以下は無料となっております。

以下、須賀川市広報誌より…「世界一ハートフルな映画祭」を目指して、第20回すかがわ国際短編映画祭を開催します。今年も世界中からよりすぐったドキュメンタリーやドラマ、アニメなど、38本の短編映画を5月10日から2日間にわたり上映します。今回はアカデミー賞ノミネート監督山村浩二氏を特別ゲストに迎え、最新作「カフカ田舎医者」についてお話いただきます。また、東京ショートショート映画祭でグランプリを受賞した「プリンテッドレインボー」(インド)など話題作が満載です。また、20回記念事業として開催した「映像コンクール」の作品の上映と結果発表、表彰式を5月10日(土)に行ないます。」

チケット販売…須賀川市教育委員会生涯学習課、市内各公民館、コミュニティプラザ。

お問い合わせ 須賀川市生涯教育課
TEL 0248-88-9170


病院そばのサクラが満開になりました

2008.04.22(火)

sakura.jpg 病院のすぐそばにあるサクラが満開になりました。写真撮影にサクラの木の下まで行くと、ちょうど患者さんとご家族がお花見をされていて、目を細めて満開のサクラを眺めていらっしゃいました。施設内でも患者さん、利用者さんとのお花見が計画され、公園や市内の川のほとりでみなさんお花を楽しまれたようです。淡いビンクが優しく、はかなくて…風に揺られてあっという間に散ってしまうサクラですが、「春の象徴」として毎年、私達の心に暖かい気持ちを残してくれます。

サクラの名前の由来…「咲く」に接尾語の「ら」が付いたもの…という一説があるそうです。桜は奈良時代から栽植され、当時は田の神が来臨する花として「信仰」や「占い」のために植えられることが多かったそうです。
サクラの花言葉…「純潔」「心の美」「精神美」

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


院内トピックス 職員対象の「接遇セミナー」を行いました

2008.04.21(月)

setuguu.jpg 415()、午後530分から当施設5階会議室において、全職員対象の接遇セミナーを開催しました。講師は菊池看護管理マネージャーが務め、あいさつ、身だしなみ、姿勢や言葉遣いなど基本的なことから、医業、福祉業に携わる者として、適切できめ細やかな対応ができるよう、日常業務を例に説明を受けました。

 セミナーの終盤では、施設内各所にあるご意見箱に投函された患者さん、利用者さん、ご家族の方からの声が紹介され、感謝のお言葉、改善を求めるご意見などが読み上げられました。一人の対応が施設全体の評価に繋がることを改めて自覚することができ、自分自身を見直すことができたセミナーでした。職員一人一人が、それぞれの仕事と役割をきっちり理解し、接遇マナーを医療、福祉の技能技術の一つと捕らえ「選ばれる施設」になるよう、今後も取り組んでいきます。


医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


平成19年度 南東北連合学術学会発表

2008.04.17(木)

 平成19年度、南東北連合学術学会での当院の発表を掲載します。南東北連合学術学会は毎年行なわれ、グループ職員が集まり、日頃の医療・福祉業務を遂行する上で学んだこと、研究してきたことを発表し合います。医療・福祉についての知識、技能を向上し、よりよいサービスを提供することを目的に行なわれております。
 当院からはこの学術学会へ、一般演題へ5グループ、ポスター発表へ1グループが参加。このうち、一般演題へ参加した「エビデンスに基づいたケアの模索1 ―スムーズな排泄の試み―」が金賞に輝きました。

gakkai_1.jpg
⇒リスク管理 転倒リスクに対する多職種の視点の偏りの分析と考察.pdf
⇒抄録

gakkai_2.jpg

⇒ブラッシュアップ入所の展開@ 廃用改善の視点と技術を学んだ第一症例.pdf

⇒抄録

gakkai_3.jpg

⇒ブラッシュアップ入所の展開A 「心理・行動・環境」の視点により、20年に渡るリウマチに対する誤解から解放された一症例.pdf
⇒抄録

gakkai_4.jpg
⇒エビデンスに基づいたケアの模索1 スムーズな排泄の試み.pdf

⇒抄録

gakkai_5.jpg

⇒認知運動療法を活かした生活への適応化の取り組み 脳卒中により感覚障害を呈した一症例.pdf

⇒抄録

⇒ポスター演題「戦略的な家族面接」の模索(第一報) 家族診断によるニーズの創造と相談員の役割.pdf

新入職員のオリエンテーションがありました

2008.04.16(水)

orientation.jpg 48日・9日と2日間にわたり、新入職員のオリエンテーションがありました。今年度はリハビリスタッフ、介護福祉士、社会福祉士など11名が入社しました。
オリエンテーションは当施設の「理念」や「施設内各事業所の活動内容と概要、今後の方向性」等について理解を深めてもらう目的で行っております。当施設は病院と介護老人保健施設が併設され、施設と在宅を合わせた総合的なリハビリテーション・ケアサービスを行っている特徴的な施設ということもあり、各事業所の連携について新入職員の皆さん、熱心に聞き入っていました。9日の午後からは、早速それぞれの持ち場でもオリエンテーションを行ないました。新しい戦力として力を発揮してくれることを期待しています!

医療法人社団 三成会
南東北春日リハビリテーション病院
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター


4月26日 第8回健康教室開催 テーマは「パワーリハビリについて」

2008.04.15(火)

kenkou_5.jpg 第8回健康教室が426()に開催されます。今回は「パワーリハビリについて」というテーマで行います。前回3月の教室では約70名もの皆さんが参加してくださいました。今回もたくさんの皆さんの参加をお待ちしております。
(写真は第5回健康教室の様子です)

 昨年度は2ヶ月に1回の健康教室でしたが、今年度からは毎月開催いたします!健康チェックコーナーもありますので、ぜひご利用くださいませ。

⇒市民健康教室年間予定表.pdf


広報誌「小春日和」第37号を掲載しました

2008.04.14(月)

 当施設が毎月発行しております広報誌「小春日和」の第37(3月発行)を掲載しました。

小春日和第37PDF

≪pickup!!≫
回復期リハビリテーション病棟の特徴は…

1)入院適応患者さんとして回復期リハ(高密度・高強度)を要する患者さんと特定
2)入院目的は日常生活能力の向上・寝たきりの防止・家庭復帰と明確
3)入院期間が疾患によって限定されている
4)リハビリに精通した医師・リハスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が専従している事です。

当院は、回復期病棟60床に対し、リハビリスタッフは理学療法士(PT):10名、作業療法士(OT):10名、言語聴覚士(ST):2名の総勢22名が専従で所属しています。
しかし!!PT・OT・STの日常生活練習を中心した働きかけだけでは不十分で、できる生活動作を日常的に繰り返し、している生活動作へと定着させていく事が大切です。その働きかけには看護・介護の存在が必要不可欠なのです。病院生活全体がリハビリです!!患者様を中心に、医師・看護・介護・リハスタッフ・栄養士・薬剤師など等多くのスタッフが支援していきます…

今回は患者さんのリハビリ生活にも密着取材しております。小春日和第37号、ぜひご覧下さい。


広報誌「小春日和」第38号を掲載しました

2008.04.14(月)

 当施設が毎月発行しております広報誌「小春日和」の第38(3月発行)を掲載しました。

小春日和第38PDF

pickup!!
老健リハビリ紹介「腰痛の予防・改善のために」

誰もが経験のある腰痛。年齢問わず、起こる病気の一つでもあります。今回は体脂肪を計る「BMI指数」をご紹介します。体重が多すぎる事だけでも、腰への負担になります。単に体重計の数字が小さくなっただけでは腰痛予防の効果はありません。
筋肉を痩せさせず、体脂肪をへらしましょう!!

<
簡単肥満度チェック>
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=肥満度指数(BMI)
肥満度指数の適正値「22.0(男女とも)
判定肥満度指数が「25.0」を超えたら要注意!!
あなたの適正体重=身長(m)×身長(m)×22.0

<
ポイント>
@食事:腰や膝に負担をかけない為、太りすぎに注意しバランスのよい食事を心がけましょう。早食いをさけて腹八分目を心がけましょう。
A運動:予防の為に腹筋・背筋を鍛えましょう。運動の前後のストレッチ体操をしましょう。(1日おきに週3回を目標に。)
B生活:腰を急に動かしたり、重いものを持ったり、足・腰に負担のかかる動作は避けましょう。

<
こんな時はすぐに病院で検査を!>
腰痛はインフルエンザ、ウィルス性感染症などによっても起こります。激しい痛みやいつもと違う痛みを腰や背中に感じたら直ぐに病院で検査を受けてください。勝手な判断は危険です!!

この他、花粉症についての  Q&Aも特集しております。小春日和第38号、ぜひご覧下さい。


あきんど祭り 4月26日(土)開催!

2008.04.12(土)

 3ヶ月ぶりになりました、あきんど祭りが開催されます!須賀川市では、月に1回「元気だ!すかがわ!あきんど祭り」を開催、各店がそれぞれイベントを考えて、市内の商業を元気にしていこうという取り組みをしています。例えば、目玉商品の割引セールがあったり、小物プレゼントがあったり…また須賀川市総合福祉センター隣の「あきない広場」では様々な楽しいイベントが行われております。当院では毎月この「あきない広場」にて健康チェックを行っております。健康相談・血圧測定・体脂肪測定・骨密度測定・血管年齢測定を無料で行っておりますので、ぜひおいで下さい。

あきんど祭りについてのお問い合わせ
須賀川市商工会議所
TEL 0248-76-2124


切り絵が展示されております!

2008.04.12(土)

 須賀川市上町老人クラブの方々が作成した「切り絵」の作品展示が当施設1階外来フロアにて行われております。この切れ絵の展示は、当施設を利用される患者さん、利用者さん、ご家族の心のケアを願い同会が計画され実現しました。今回展示されているのは全18点。

 写真は「女神」と題された一際目を引く大作です。細部まで丁寧に切り抜かれ、画かれております。すばらしい作品ですね!

作品は5月中旬頃まで展示される予定です。鑑賞に、ぜひおいで下さい!!
 

 


第7回健康教室「在宅医療 訪問看護について」を開催しました!

2008.04.09(水)

kenkou_7.jpg 3月29日(土)、午後2時から当施設5階の会議室において、第7回健康教室「在宅医療 訪問看護について」を開催しました。講師は菊池看護管理マネージャーが務めました。在宅医療の現状、また訪問看護とはどのようなサービスかを実際の現場でのエピソードを交えてお話しました。今回は過去最大となる約70名の皆さんにご参加いただき、大盛況でした!
次回は4月26日(土)午後2時から当施設5階の会議室にて、「パワーリハビリについて」を開催する予定です。恒例の健康チェックもありますので、ぜひご参加ください。

医療法人社団 三成会

南東北春日リハビリテーション病院


春日短期介護予防塾を開講しました!

2008.04.02(水)

kasuga_tanki.jpg 42()、当施設2階老健通所リハビリテーションにて「春日短期介護予防塾」を開講しました。介護予防とは、介護認定を受けていないが体力に自信がない高齢者の方を対象に運動の機会を提供するサービスです。高齢者の皆さん、地域の皆さんが生き生きと暮らしていけるようスタッフが個別に対応いたします。今回の介護予防塾は1ヶ月という短期コースで行われ、この日は第1日目ということで教室の説明があり、その後ラジオ体操、個別の体力測定がありました。1ヶ月後、皆さんのますます元気な姿を見るのが楽しみです!

医療法人社団 三成会
介護老人保健施設 春日リハビリテーション・ケアセンター
老健通所リハビリテーション


平成18年南東北連合学術学会・活動分析研究大会

2008.04.02(水)

平成18度南東北連合学術学会と活動分析研究大会での当院の発表(抄録)を掲載します。南東北連合学術学会は毎年「文化の日」にグループ職員が、日頃の研究の成果を発表し合い、医療・福祉についての知識を深めて、患者さん・利用者さんによりよいサービスを提供することを目的に行われています。平成18年は当施設から一般演題へ3題の研究発表を行いました。

「ガツっと食べよう朝ごはん 朝食が注意力に及ぼす影響」(抄録).pdf
 
 
 南東北春日リハビリテーション病院 リハビリテーション科、管理栄養科
 〔谷田部文和、深谷晃子、高橋清香、平野雄三、有我三千代


「回復期リハビリテーション病棟の質の向上を目指して 介護者の不安とリハスタッフの指導のギャップ」(抄録).pdf
  南東北春日リハビリテーション病院 リハビリテーション科、医療相談科
  〔猪野睦、永瀬光平、小山雅典
、箱崎信也〕

「QOL向上へむけた通所リハビリテーションでの新たな展開 訓練人生からの脱却を試みた一症例」(抄録).pdf
  介護老人保健施設 春日リハビリテーションケアセンター
   通所リハビリテーション
 〔平野雄三、中村淳、安藤宏明、相楽ツネ子、植田君子〕

第18回活動分析研究大会 (H18.5.20-21)
「情報の抽出と抑制 前頭葉症状に対するActivityを用いた治療介入の経験から」(抄録).pdf
  南東北春日リハビリテーション病院 作業療法士 永瀬光平


平成17年南東北連合学術学会

2008.04.01(火)

 平成17年度、南東北連合学術学会での当院の発表(抄録)を掲載します。南東北連合学術学会は毎年「文化の日」にグループ職員が、日頃の研究の成果を発表し合い、医療・福祉についての知識を深めて、患者さん・利用者さんによりよいサービスを提供することを目的に行われています。平成17年は当施設から一般演題へ3題の研究発表を行いました。

「左半側空間無視の症例に対する整容がもたらす効果」(抄録).pdf
 
 
 南東北春日リハビリテーション病院 作業療法部門
 〔芳賀英子、佐藤智恵


「経管栄養から経口摂取への援助」(抄録).pdf
  南東北春日リハビリテーション病院 回復期リハビリテーション病棟
  〔若林雅子
、正木多賀子、宇佐美幸江〕

「おうちに帰ろう」(抄録).pdf
  介護老人保健施設 春日リハビリテーションケアセンター
 〔小林恵、宗方まゆみ、小木智恵子、吉田馨、阿部英人〕


過去ログリスト
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008